エルマニア日記
 
主に切り絵と日常とFFとミドリフグとリウマチと映画の話
 


テレビ・映画

映画の話

久しく更新滞ってた。最近いつものことだけど・・w
毎日があっという間だなぁ。
楽しく生活出来ている事は良いのだけれど
やることやらねば。切り絵しないと!
10月にまにあわな・・う・・頭が・・


タキシード(2002)

ジャッキーの映画
ジャッキー風味とアメコミな感じの風味が
うまくマッチしていると思う。
ジャッキー好きなら楽しく観れると思うけれど
まぁまぁ面白かったかな・・と言う感想


腕に自信があるタクシードライバーの
ジャッキーが雇われたのは、訳アリの
大富豪イケメン。
絶対に触ってはいけない←フラグ
と言われているタキシードに触れたら
それは最新のタキシードだった。
ジャッキーなので見所はテンポのイイ
カンフーだと思うの。



ホリディ

爽やかなな(?)ジャックブラックとか
高給取りのキャメロンとか
色男でイケメンのジュードロウとか
タイタニックの彼女とか
有名どころが出演。
ケイト・ウィンスレット(タイタニック)は
お姫様な感じより、どこか抜けてるって言うか
ちょっと可笑しいっていうかそういう映画しか
観ていないからそう思ってしまうのか
若干のダサさがいい感じ。

そして驚いたのがおとなしいジャックブラック
あの身内で有名な
ハリウッドの3大ウザキャラな彼が!おとなしい!
ビデオ屋で一瞬片鱗がでるものの
全般的におとなしかったです。そして、一瞬だけど
カッコイイとか思ってしまった。
ピアノ弾いてるシーン。

浮気・性格の不一致・遊ばれ束縛・・
報われない恋愛で心傷ついた面々が出会い
恋をし、最終的に報われる恋愛映画。

その中での心境の変化とか、ちょっとした
ドタバタとかを楽しむのだけれど
4人に焦点がある事で一人ひとりのへの
世界観への感情移入が薄くってそれなりでした。
1度見たらイイかしら。
浮気されたー!相手がロクデナシで別れたー!
等の失恋したばかりの人ならば
ちょっぴり心温まるかもしれない。



チャーリー・モルデカイ
   華麗なる名画の秘密

ジョニデはインチキ美術商。
ある名画を巡ってドタバタに巻き込まれる・・
んだけれど、得意のひょうひょうとした態度と
口先で、切り抜けていく映画。
ちょっと淡々とした所もあるけれど
コメディータッチなジョニデ好きなら
面白く観れると思います。結構好き。



ドンファン(1995)

これもジョニデがイケメンな話。
イケメンすぎて困るっていう人生を描いた
青年の語り。
とにかくモテる。ものっそいモテる。
イケメンジョニデが好きなら
そこそこ観れるんちゃうかな。



50回目のファーストキス

アダムサンドラーだからなぁ。
っていう、上から目線で見たところ
ちょっと泣かされてしまって悔しい。
最初のほうは、お得意の
お下品な部分もあるのだけれど
ガマンして観てみよう。
最初の変な下品な部分が無ければ
普通に泣けるお話で終わったものを。

ハワイのナンパ男アダムは
旅行者の思い出とばかりとっかえひっかえ
毎日のようにヤリまくりな毎日。
ある日喫茶店(軽食屋?)で
ドリューバリモアな彼女と出会い
2人は恋に落ちる。
しかしその恋は、彼女の中で毎日リセット。
サンドラーはあの手この手で
彼女を手に入れるべく奮闘する。

後半はギャグは殆どなく、真剣に
彼女を自分に惚れさせようとする姿と
彼女の思いと、そんな2人の辛さを思うと
ちょっと涙ぐんだりな恋愛映画でした。




カンフーパンダ2

相変わらずクオリティー高い。
よく動く、テンポもいい。キャラもかわいい。
女の子キャラがカッコイイのもイイよね。
トラさんとか今回カワイイ部分もあったりで
ギャップ萌える。
パンダの出生を知ることになる2作目
ちょっとネタバレ↓



アヒル父「実は・・養子なんだ・・・・」



なななななんだってーーーー!

幼パンダの表情が超カワイイ
ころころもふもふ もふもふもぐもぐ
1を観ていた方が面白いとは思いますが
そうでなくても面白く観れると思います。


ちくしょう、映画も面白いし
ゲームも面白いし
絵を描くのも面白いし
切り絵も面白いし
料理も美味しくできると楽しいし
くだらないバカ話ばっかりしたり
ご飯食べに行ったり
毎日が楽しいのは・・・

ほんとありがたい。



6月14日(火)10:06 | トラックバック(0) | コメント(0) | テレビ・映画 | 管理

映画の話

マダム・マロリーと魔法のスパイス

ハイド・アーンド・シーク 暗闇のかくれんぼ

チョコレート・シティ 

プレステージ

ギャラクシー・クエスト

モネ・ゲーム


と、溜まっていた映画を消化。



■マダム・マロリーと魔法のスパイス

一切前情報を入れずに観た。
最初はファンタジー的な、メリー・ポピンズや
ナニーマクフィー的なふっくらとした
シチューおばちゃんのような主人公が、
美味しい料理で困難を解決でもするのだろうかと思った。
タイトルだけで。

全く違ったし、タイトル詐欺チックなので

マダム・マロリーが不思議な味のスパイスに出会う
(主人公はインド人の男の子)

とでもしたほうがいい。
確かにマダムはREDとかに出てくる有名なおばちゃんだったけど
活躍したのはインド人の少年(青年?)やよね。

インド人の主人公が料理の腕でサクセス!的な映画。
スゴイアクションだとか、急展開だとか
ハラハラドキドキ感はまったくないので
まったり垂れ流したい人用。
あと、ラスト微笑ましいのを望む人用。


■ハイド・アンド・シーク暗闇のかくれんぼ

デ・ニーロが主演だから、ちょっとだけ期待した。
昨今のホラーに目新しいものがないから
ちょっとだけ期待した。

期待しすぎた。
中盤で早々に犯人(?)が判ってしまった。
怪しい人物が実はそんなに怪しくない
ただの変人で~真犯人は他にっていう法則を
出した瞬間に


あ、コイツもしかして2重人格か?


と予想が立ってしまい、それからは
話があんまり頭に入らなく、最後まで見たにも関わらず
犯人が発狂する所までは覚えているのだけれど
オチなんだったっけかな・・・と
印象の薄いものになってしまった。

女の子のラストの表情は良かった気がする。



■プレステージ

出ている人が有名人多くて、
私がかつて(←)好きだったスカーレット・ヨハンソン

かつて、とは、アベンジャーズの頃のムチムチな
彼女が好きであった訳で、デブとでもいじめられたのだろうか・・
最近の彼女は頬がコケててあんまりなんだな・・

バットマンとウルバリンが喧嘩して
ウルバリンに執事が加勢したけど
ブラックウィドーが寝返ってバットマンに寝取られて
最終的には、そのオチはないやろ!!!!って
突っ込まざる得ない。

どうして最後そうした。
苦しい場面をスルリと抜け出して
華麗に復活する場面が見たかった・・・。

マジシャンの喧嘩。
割と本気で殴り合い殺し合い的な。
ラスト除けば面白かったです。


■チョコレート・シティ

黒人版「マジック・マイク」
劇中でも言っているけど。
苦学生の男の子が、スターダムに上がる話
ストリッパーとして。

しかしだ、ラストのオチは
BAD・ENDだと思うねん。

約束破棄な訳だし。

取り合えず、兄貴はクズニート。
マネージャいうても、弟にくっついてあるいて
カネだけ貰うみたいな。
チラシ配りしていたけど
たまに仕事(もしくは勝手にやってるだけかもだけど)
すると、余計な問題ごとが発生する。
弟が幸せになれないのは兄が原因なんじゃ・・・

ナイスに鍛え上げた黒人ストリッパーが
ぐねぐね動くので、筋肉の動きとか
変わったポーズとかイラストや漫画描きたい人には
多少使える資料かもしれないなぁ・・と
話に全く関係ないコトを思いながら観ていた。

あ、個人的にはマジック・マイクのが好きです。


■ギャラクシー・クエスト

あ、シガニー・ウィーバー若い。おっぱい張りがある。

どうやらスタートレックのオマージュだとか満載らしいが(Wiki調べ)
スタートレック、新しいのしか観たことなくて
その辺の笑いがわからなかったのはちょっと寂しかったけれど
正直、上にあげたどの映画よりも面白かった。
スタートレック観た事がある人なら、もっと楽しかったのかー。

この映画自体が1999年(日本は2000年)の
モノらしく、時代が古いと感じはするものの
その時代のものとしてみたら、スタートレックの知識が皆無でも
楽しく観れた。

あ、グリーンマイルの人だ。このひとチンピラな役がおおいのんなー。

人は選ぶとは思うけれど、そこそこお勧めできる。



■モネ・ゲーム

おもろかった。
チャーリーのエンジェルなキャメロン・ディアスやら
ブリジッの旦那のコリン・ファースやら
スネイプ先生(先のギャラクシー・クエストにもでてた)やら
好きな俳優さんが多かったのも嬉しい。

そして何より、コメディーな感じの映画でよかった。
相変わらず出演してる日本人はニセ日本人で
怪しい日本語しゃべっておったけれど
オチもスッキリしたし、スネイプ先生のおけつもみたし
(別に観たくはなかったが) 面白い映画でした。

モネの作品をめぐって、すったもんだする映画。
最初の出だしピンクパンサーでも始まったんかと
思うようなアニメーションが流れるけれど
めっちゃネタバレしてたんだなww
そうかと思ったけどそうだった。

安心して普通の人にはお勧めできます。



4月23日(土)22:26 | トラックバック(0) | コメント(0) | テレビ・映画 | 管理

映画の話

■メアリーと秘密の王国

面白かった。
よくもまぁ、こまごまと色々な所まで
書き込んでいるなぁと、感心してしまいました。
描写が細かい!背景の小物の質感がスゴイ。

それこそ、敵側である気持ち悪い昆虫達までもが
緻密に書き込んであって、昆虫が生理的に嫌いな人は
ちょっと閲覧注意レベル。

だが、その分を味方の兵士たちのカッコイイこと!
ロード・オブ・○・リングのエルフ並にカッコイイ。
スピード感もあり、アクションも多彩で
観ていて中だるみのない映画だった。

ストーリーも子供も楽しめるし、
大人にしか判らないであろう
切ない思いを込めた場面もありーの
親子そろって観れる映画だと思います。
恋愛要素がほのめかされているので
女子・女性の方が好きかも知れない。

ティンカ○ベルやアリエ○ティといった
小さい人スキーで、なおかつ歩く草花
喋る昆虫といった世界観が好きな人に
お勧めできると思います。

私は楽しく観られました。ありがとう。


■ダークシティー

舐めてた。
名前からして、どうせバットマンとか
アメコミのパクリやろ?とか
思ってしまっていてごめんなさい。

見終わった後に
ちょっとネット検索したら

「訳ワカラン説明不足のパケで
損をしている映画」

と書かれていた。
なるほど、隠れた名作。

インセプション的な
こう、なんか街の大改造的な
確かに一言では表せないのと
この映像表現を18年も前に
(作成日数だのを考えると、きっと20年近く前)
作っていたのは本当、頑張ったなぁ~。

全般的に映像は暗いです。
ただのミステリーかと思いきや
超常現象的なアレやコレや。

どっちや!真相はどっちや!からの
どうなんの最後!どうするの主人公!
と言った、なかなか混乱させるストーリーですが
最後には全部まとめて謎が解けるんで
安心してハラハラと真剣に見れるんじゃないかなぁ。
そこそこ面白かったです。



4月3日(日)16:29 | トラックバック(0) | コメント(0) | テレビ・映画 | 管理

映画(?)の話

なかなか滞っていて生きているか死んでいるか
不明になってきたなぁ。

ぼちぼち映画も観て
ぼちぼちDVDも買っては居るけれど
最近買った映画が

幼獣マメシバ
マメシバ一郎
フーテンの芝二郎
犬飼さんちのサモンくん
犬飼さんちのサモンくん(メイキングDVD)

どんだけ犬推しなんだよ!
って位犬映画ばっかだな・・・


感想は・・二郎ちゃん演じる
佐藤二郎がいい味すぎる。
ヨシヒコの仏とはテンションが違うけど
佐藤二郎と犬好きなら、イインジャナイカナ。
特に2作目は不覚にもうるっときてしまった。

犬飼さんちのサモンくんは
もふもふサモエドがもふもふな話
わからんか。わからんよな。
でも、もふもふだからいいのです。
メイキングDVDは130円そこらで
売っていたのだけれど、1分見て
モトを取ったと思ったね。
もふもふ もふもふ サモエドの子犬やばい。



ウチの回線事情が少し変わって
地上波もみれる様になったのだけれど
相変わらずあまりみてないな。
J:comでスカパーやらアニマルプラネットやら
時代劇チャンネルで江戸を斬る(西郷輝彦の金さん)
観て喜んでいたり、FoxでCISシリーズやら
クリミナルシリーズやらボーンズやら
うぉーきんぐでっどやら観て喜んでいたり

そうそう、オススメしてくれた
ピクセルみたけれど、あの時代のゲーマーなら
大喜びの映画なんじゃないかなぁ。
シュガーラッシュより狙っている年齢層が高くて
シュガーラッシュより子供を寄せ付けず
ただ、あの頃の感動をオジサンたちが観て
思い出すような映画。
ゲーム好きだから、嫌いではないのだけれど
対象がうえすぎて特定の人にしか
薦められないな・・・。


ミニオンズもお勧めされて観た映画なのだけれど
あいかわらず、黄色いバナナ軍団がかわいいのう。
これもいつか、機会があったら買いたいな。
出来れば前作と前々作みて欲しいのと
前作と前々作好きなら、こちらもかわいく見られる
んじゃないかな。あ、ミニオンが主役なので
前作で主人公のツルベ(おっさん)はでてきません。


インサイドヘッドは・・キャラが独特すぎて
受け付けない人がいそうだな・・・w
日本人だったらもっと魔改造して
モンスター的なキャラも可愛くしてくれそうだけれど。
第2時反抗期を迎える少女あたりを
狙っているのだと思うけれど、
ピーポイントすぎるだろう。
キャラが、ちょっとどいつもこいつもイライラする。
ガマンしてみれば後半段々と変わっていくけど
我慢強くないと観れないかもしれない。
お話はまぁまぁ・・カナ。

イン・サイド・ヘッドとミニオンズなら
ミニオンズを強く推します。
色眼鏡もかなりあるけどね。



2月20日(土)04:49 | トラックバック(0) | コメント(0) | テレビ・映画 | 管理

映画の話

最近久々にまとめて購入したDVD。
誕生日のプレゼントとして上限決めて
選ばしてもらった。

いまだとDVD&ブルーレイが多くて
若干高くなってもうて
ちょっと買い渋っていたものを一気に。
あと、買い足したものをちょっと。


■ヒックとドラゴン2

1も面白かった。
1と2だったら1の方が面白かったけど
2もそこそこおもろい。
EDスクロールのイラストがかっこよかった。
ちゃんと1から伏線あったんだね。
この製作会社、結構面白いもの作っているのに
なかなかぱっとしないのは
ディズニーの宣伝に負けている部分もあるのだろうか。
ディズニーから抜けた幹部が居るせいか?
スティーブン・スピルバーグも
関わって居ると言うのに。
バイキングとか冒険が好きな少年少女なら
大好きなんじゃないかなぁ。
ドラゴンの描写がカワイイ。


■怪盗グルーのミニオン危機一髪

これも前作が面白かった。
今回も好き。
最初吹き替えでみて
つるべ?!とか思ったけど
見慣れたら慣れたし
ほかのキャラ達の吹き替えの方が
モトのよりテンションが高くてよかった。
つるべ頑張っていると思う。
*シュレックの浜ちゃんを見ているよう。

 *最初やばかったけど、徐々に
 慣れてきたっぽい感じが
 回数を重ねるごとにみてとれる。


■シュガーラッシュ

ゲーマーなら買うよね・・
細かい所に、ゲーマーを喜ばすキャラが。
まるでゲームで隠しキャラ探すような
楽しさがあるとおもう。


■ラプンツェル

欲しかった。
しかしディズニー(とジブリ)は高い!
ので、今まで指を咥えて我慢してたもの。
ウワーイ(喜
しょこたんが声優らしいけれど、上手いね!
器用だねぇ・・このヒトは・・・。
今までのディズニーと違って
ノリがルパン的な、いやもちろん
恋愛要素や、歌って踊ったりはあるのだけれど
ぶっちゃけ、アナ雪よりテンポが良いと思う。


■キック・アス
 キック・アス ジャスティス・フォーエバー

クロエかわいいよクロエ
キャリーも欲しいよクロエ
キャリーのリメイクは、キャリーが
X-MEN(もしくは*炎の少女チャーリー)状態
だけど、クロエ好きだよクロエ。
最近彼氏できたり、化粧がケバくなったりしてるけど
スッピンのがかわいいよクロエ。

 *ドリュー・バリモアが子供の頃の作品


■アダムス・ファミリー

長い間版権問題で、再販されなかったと言う話。
やっと・・・やっと出たよ!!!
しかも吹き替え付きで!! ずっと今まで
アダムス・ファミリー2だけ観て我慢していたけど
これからは1と2連続して観れるよ!!
うれしい。

あと、バタリアン、古くて字幕のみのは持っていた。
今回初めて吹き替え付きのが、
新しく発売されたので欲しいんだよ。
同時に確か、過去作品の吹き替え着いてなかった物が
いくつか発売されているんだけれど
取り合えずバタリアンほしいよ!1と2ほしいよ!

オーメンは吹き替えなくてもいいと思う。



■シェフ!~三ツ星レストランの裏舞台へようこそ~

夫婦そろって、下手な日本人コスにはまって
コレは買うしかないよなぁ。っつて買った。
「なんだアレは!日本人をバカにしてるのか!」
とか怒っているレビューを見たことがあるけれど
アレはジャン・レノ自ら出したアイディアだからな。
流石親日。
あと、アレはワザとだからな。ネタだからな!!
もう1つ、料理が美味しそうじゃないと
怒っている人がいたけれど、アレもわざとだからな!
美味そうな料理の映像を見たかったら
もこもこ料理番組でも観ていればいいんじゃないかな。



8月11日(火)13:21 | トラックバック(0) | コメント(0) | テレビ・映画 | 管理

映画の話

ねんがんのえいがをみたぞ

ゆきお氏から始まって
他の友人2人からお勧めされて
観たいと思っていた映画・・!


★ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

マーブルさんちのスーパーヒーローズ的な映画
見て面白かったが、メンバーの知名度は
圧倒的にアベンジャーズなメンツには劣るためか
あまり一般的ではないのかもしれない。

けど、面白さはアベンジャーズに
引けを取らないと思うんだ。

コチラはアウトローな主人公だけれど
ソレがイイ。
そしてグルートという木のエイリアン(?)
が出てくるのだけれど、これがカワイイ
見た目はゴツくてコワイ感じだけれど
出てくるキャラの中で
一番純粋なんじゃぁないかな。
というか、一番重要なキャラだよね・・
グルート居なければ、国が滅んでたよ!!


母親の死に際で悲しむ少年が
宇宙人に連れ去られ、連れ去られた先で
立派なトレジャーハンター(?)に育ち
盗掘している賞品が、なにやら
大変なシロモノだったらしく
思いっきり宇宙戦争レベルになっちゃって
星を守らにゃ!みたいな話。

チョイ役で、101のクルエラ・デ・ビルを
やっていたおばちゃんがでてるぅぅぅ!
と、ちょっと喜んでしまった。
101のクルエラ役はめっちゃ合ってたな・・
月影先生が野際陽子以外考えられないレベルで
宗方コーチが田中みたいなレベルで・・・!
どちらも作品の内容は知らないんですけどね。

あ、あと、ダレン・シャンの吸血鬼や。
イケメン主人公じゃない方。
グリーンゴブリンじゃない方。



他@3作位 感想を書こうと思ったんだけれど
記憶の上書き保存をしてしまって
ガーディアンズしか覚えてないや。
面白かった気がするんだが・・・
思い出して、気力と機会があったら書こう。
スカパーだと常に映画やっているから
付けた時にやっているのとかだと
タイトル見ないからあんま覚えてないんだよねw


今の時代はCGが発達して
映像が凄くて、それを観れただけでも
あー良かったなーって思う。
ゲームもドット絵だったのが
3Dになってグリグリ動くしね。
ドット絵はドット絵で
なんか暖かくて好きなのだけれども。

って書いてたらひとつ思い出した。


★STAND BY ME ドラえもん

内容は今までに見た事のある話
総集編をCGにしました。
って言う感じなんだけれど
感動した。何に感動したって
映画の中に出てくる「小物」
ちょっとした壁の汚れや
石塀のひび、畳の目のよれ具合
本棚に陳列しているおもちゃや本、
ジャイアンの横に伸びきった
トレーナー(?)のひび割れた模様
もの凄く細かい!!
地面だって、ただアスファルトを
敷いただけではなく、継ぎ目があったり
なんとも背景がスゴイ。

劇中そんな所に目をやる人なんて
何人いるか・・・・・。
そんな所に目がいくとか、過去に
背景アシスタントをしていた名残だろうな。
話とか、キャラのCGとか
納得いかない人も多いかと思うが
違う目線で観ると、凄く凝った映画で
私はそんなトコロに感動した。
話を知っている分、
間違い探しでもするように
細かい部分に目が行ってしまいました。
作画スタッフ頑張ったネ!
伝わらないと思うけど、お疲れ様でした。



3月4日(水)14:59 | トラックバック(0) | コメント(4) | テレビ・映画 | 管理

映画の話

■なんちゃって家族

コメディー、バカ映画
面白かったです。

麻薬の密輸をするべく、偽の家族が集結
そしてキャンピングカーで
国境を越えるぞー!っていうお話。
最近見たコメディーだと
なかなか面白かったかなぁ。

チ○コ連呼するシーンとかあるけど
女優さん・・・頑張ったわね・・



■プレーンズ2

1はそこそこ面白いかなと思ったけど
2はそんなにかなぁ・・
カーズと比べてしまうと
断然カーズのほうが面白かった・・が
よくよく考えて、いつも(?)観ている
B級以下のクソ映画と比べれば
小さな男の子とか楽しんで観れるんじゃないかなぁ。
ベイマックス観たい。(関係ない



高所恐怖症を克服した主人公(主飛行機)だけど
今度は機械トラブルにより
レース不能に。爆弾を抱えたまま
町のために消防隊になるべく
修行に行った先で山火事に直面するが・・



■シャドウハンター

私的に好き。
人にはあまり薦められないけど
そういうの好きッ
雰囲気的には・・・
中2病煩ったヘルシングみたいな・・

無くなった聖杯の行方を追う
魔物達から身を守りつつ
聖杯を探し、世界を守れ的な映画。

でてくるヒーロー的な青年・・
どっかで観たことあると思ったら
スゥイニートッドの余計な事しぃの男の子か。
ちょっとイケメンに育ってる。
そしてメガネは、存分にメガネ的な位置だった



■オール・ユー・ニード・イズ・キル

元々は萌えラノベだったらしいのを
ハリウッド的に大々的にビフォア・アフター
萌え要素を見事削って、大物主演男優
トムクルーズまで使っちゃってるっていう。


強くなれ。失敗したら死んでやり直せ!


なぜか、死ぬたびにタイムループ。
何度も死んで、攻略していくさまは
まるでゲームをリアルでやっているような・・


そこそこ面白かったです。



■ファーゴ

ピーター・ストーメアが超いい味出してて好き。
こう、緊迫感があんまないwww
ゆるい世界観が、ハイセンスな感じ。
時たま入る、上空からのカットが
一枚絵になりそうな、デザイン的でステキ。
静かで整頓された風景
その中で起きる誘拐事件。

とりあえず、マイケルの下りはイラネェ気がするけど
アレがあるから・・・ゆるさに拍車をかけていて
殺人とか起きてはいるんだけれど
いいかんじにゆるゆる映画になってんのかもしれない。
日常(?)を描くことで。てか妊婦高性能すぎるだろう。


ドラマ始まったけど、そっちは観てない
いつか機械があったら観て見たいなぁ。



■ポリスストーリー・レジェンド

なんだっけかな、前回見たジャッキーのやつ
アクション引退をしたせいだろうなぁ・・
こう、ジャッキーが思いっきり跳ね回る姿が
あんまり観れなくてちょっと寂しかった。
面白くない・・訳ではないのだけれど
いつものドタバタコメディーアクション的な
部分の、ドタバタコメディーアクション部分が
さっくりと取り除かれてしまって落ち着いた
ちょっと寂しい映画になってた。

人質をすくいだせー
でも、なんでオレらが人質?
&家族愛

って言う映画。
歳をとると、宮崎監督もそうだけれども
家族とかそう言うのが特に大事になって
冒険とか落ち着くんだろうなぁ・・・。



12月27日(土)14:59 | トラックバック(0) | コメント(0) | テレビ・映画 | 管理

映画の話

■ゴースト・エージェント/R.I.P.D.

そこそこ面白かった。
MIBが好きならば、好きかもしれない。
逆に、MIBのパクリやんけ!!
とか言い出す人が居るかもしれない。
確かに、宇宙人を幽霊(悪霊)に
取り替えた感じもするけれども、
それはそれ、これはこれで。

殉職刑事が天国に行くんかと思ったら・・
行った先はR.I.P.Dという組織。
地上にいる悪霊をぬっころ・・
捕まえるのが仕事だという。
勤続100年すれば天国にいけると言う。
奥さん会いたさに、組織に入る主人公。
地上に降りて、一番最初にする事は
もちろん悪霊退治ではなく・・・




■ローンレンジャー

マウスハントやザ・リングの監督



パイレーツ・オブ・カリビアン
つった方がいいのか。ごあごあ。
の監督の作品

正直、話はそんなおもんない。





アクションシーンは
過激なピタゴラスイッチを観ているような
テンポがよくて、観ていて面白い。
正直、どう紹介していいのか判らない。
ドタバタシーンは面白い・・んだが
話的には・・どうなんだろうwww
アクションとか好きなら
観てもよろしいんじゃないでしょうか。




■呪怨~終わりの始まり~

伽椰子が藤さんじゃないだと・・・・?
藤さんとは、歴代伽椰子を勤めた女優さん。
あのカクカクした階段降りを
体ひとつで遣って退けた女優さん。
コメンタリーでは実はいい人そうな藤さん。
藤さあああああん;;

話としては・・
まぁ、年々駄作になっているものですから
期待はしていなかった。

その期待を裏切らない出来だった。

あー・・呪怨をまったく観た事がない人が
初見で観るのだったら・・怖い・・のかなぁ・・?
正直、観まくっているので怖さが麻痺してる。
と言うか、いちいち怖いシーンで爆笑してしまう。
怖くて打ち震えていた、純粋な精神はどこへ・・

話の内容は・・歴代呪怨1・2あたりの
シナリオをまとめて、リメイクしたような
そんな感じ。
大きく違うのは伽椰子役が藤さんじゃないのと
伽椰子の私生活が少し見れる所。
若干話が変わっていて、小林君も出てこない。

そして、あの階段降りが

「階段のぼり」になっている!!!!www
あ、ネタバレしてしまった。

しかし、そこが一番私の中での見所だったし
意表を突かれて、
爆笑してしまった所でもあるのだった。
いやいやいや、降りてくる格好が
無茶な格好だったから良かったんだろうにwww

歴代の呪怨を観ている人が
「あ、ここビデオの2のパk・・類似してるね」
とか
「劇場版のシーンのパk・・オマージュだね」
とか
難易度の高い呪怨クイズだと思って観ると
楽しめるかもしれません。
私のような、ツボの広い節操のない人間なら
別の意味で楽しめるかもしれません。



11月12日(水)12:56 | トラックバック(0) | コメント(4) | テレビ・映画 | 管理

ロビン・ウィリアムズ

どうしても仕方の無い事なのだけれど
年齢が行った人が先に逝ってしまうのは
順番的にそうなのではあるけれど、
自殺でお仕舞いにするのは
残された方はなんとも切ない・・・

それが、好きな人だったら
もっと切ない・・・。

ロビン・ウィリアムズには
泣かされた。
映画で散々泣かされたけど
まさか、映画以外でも
泣かされるとはおもわなんだった。

TV放送していた「今を生きる」を
学生時代に見て、丁度年齢が近い事もあり
ボロボロ泣いた。家族と観ていて
家族にばれない様に、コタツに横になって
涙を横流しにしたのを覚えてる。
そんで次の日学校で、友人に熱く語った覚えがある。
「アレは最後、全員立たない所が
 リアルでいいんだよ!」みたいな。

そんなまじめな映画に出てると思いきや
「*ミセス・ダウト」で笑ったり、ホッとしたり
  *離婚の問題で、子供と引き離され
  子供にもっと会いたいと願う気持ちから
  女装して家政婦として乗り込むお話。
  コメディー映画。面白い、好き。

「*パッチ・アダムス」であの笑顔に癒されたり
   *とある、実際にいたお医者さんのお話。
   患者を元気にさせたいと言う気持ちから
   病室で、パントマイム的な事をやったり
   子供たちを笑わせたりした。
   現在でも、パッチ・アダムス運動
   と言うのがあり、ピエロに扮して病室を回る
   ボランティアが存在する。

「*聖なる嘘つき」で、また号泣したり
   *第2次世界大戦中の、とらわれのユダヤ人達。
   その中で、ウィリアムズ扮するジェイコブ(ヤコブ)
   は、皆に希望を持たせようと、開放は目の前だ
   ラジオを聴いたんだ、と嘘をつき続ける。
   結果・・・・・・

その他、多数の作品でも
笑ったり、泣いたり。
あげたらきり無いな・・・・。
持ってる作品を大事にしよう。



天国でも、沢山の人を泣かせたり
笑わせたりしてるんだろうなぁ。

ご冥福をお祈り申し上げます。


そして
リチャード・アッテンボロー。
(監督兼製作兼俳優をこなしてた)も
亡くなられたと、オスカーニュースが・・
おぅぅ・・・サンタさん・・・・・
「34丁目の奇跡」は
大好きな映画だったん・・・・。
古いところだと(有名どころだと)
「大脱走」とかあるけど
私には「34丁目の奇跡」なんよ!!!
何せ純粋だからね!!ここ重要!!

今よりもっと純粋だった頃に出会った映画。
皆の信じるという気持ちが、超常現象とかでなく、
広がっていく信じるという気持ちだけで
サンタを認知するのが、子供心素敵だった。
感動した。今でも童話を読む気持ちで
映画を観る。
うう、サンタさん・・・

ご冥福をお祈り申し上げます・・。





ロビンにアッテンボローさん・・
本当に、良い映画を沢山
有難う御座いました。

これからも、繰り返し
両名の作品を見返します。



8月25日(月)11:13 | トラックバック(0) | コメント(0) | テレビ・映画 | 管理

映画の話

あのドラえもんで有名な
ジャン・レノ


(脳内ツッコミ想定)
いやいやいやいやいやいや
もっとあるでしょ!!
レオンとか、ミッションインポッシブルとか!
代表格が!!


  というS氏の声が聞こえてくる。
  そうだね、もっと代表的なものがあったね。
  フランス版
  ディズニーのライオンキングの
  主人公のパパの声とか、
  フランス版、紅の豚の豚の声役とか


(脳内ry)
いやいやいやいやいや、わからないから!
フランス版とか!フランス版の声優とか!



  ディズニーも、紅の豚も有名じゃん!



()
そうだけれど!!w作品は有名だけれど!!
マニアックなんだよ!持ってくる所が!
あと、ボルコ・ロッソ、名前覚えてあげてください。


  しかし、ジャン・レノをドラえもんとか
  凄いよねぇ~・・・とか思ったけど
  トミーリージョーンズが宇宙人とか、
  昔はシュワルツネッガーにヤカンもたせたり
  日本のCMは、なかなかおかしかったな。
  トミーリージョーンズのシリーズは大好きだ。

~~~~~~ココまで脳内会話~~~~~~~~

よし、いける



で、そのジャン・レノは
親日家で有名なんだけれども
今回も、親日家を思わせるアイディアを
入れたのがジャン・レノ自身という

■シェフ! 〜三ツ星レストランの舞台裏へようこそ〜


ジャン・レノ扮するアレクサンドラは
3つ星レストランのシェフ。
しかし、最近マンネリ化してきて星維持が
危なくなっている・・!

そこで、偶然ペンキ塗り職人と出会う。
しかし、このペンキ塗り職人
実は超、料理オタクで様々なレシピを
完全に暗記している男だった!

その男とジャン・レノが
ライバル店の偵察に行くことに。
その時に「日本人」に扮していくのだけれど
これがヒドイ。
ものすごいヒドイ。(いい意味で
そして、これがジャン・レノのアイディア
日本好きなんだな・・(間違った方向に


面白いB級映画だと思います。
なんでAじゃないの?って言われると・・
なんていうか、お金をかけた
超大作、とかそこまでは行かないからなぁ。
気軽に見るのにいいんじゃなかろうか。
それこそ、ドラえもんを
30分見るような感覚で。


残念なのは、寄せ集めの
トラック運転手、タイル職人
メーキャップ職人・・・なんだけど
もっと、この設定を生かして
なんかできなかったのかなぁ。




それとも、チラッと
道具を運ぶ時に出てきた大型トラックを
運転できるからトラック職人が必要とか

タイル職人の「私は職人だったころ~」
のセリフだけが
タイル職人である意味があったのか

メーキャップ職人は・・まぁ・・
活躍の場が見られなかったけど
(メーキャップ施してるシーンとか)
一応設定は生かしてる・・か・・?

何でちょっと不満なのかと思ったら
オーシャンズ11を例に例えると
11人の泥棒の特技を
それぞれ活かしているシーンがあって
凄いな!とか思ったんだけれど
それがシェフ~の映像では見当たらなかった、
って言うのが残念だったなぁ。

メーキャップ職人だったら、
その手先の器用さで料理を仕上げ
その後に
タイル職人とか、モザイクタイルを
組み合わせる技術(センス)を活かして
野菜の切れ端で、綺麗な模様を
ピンセットかなんかで、ささっと作るとか

協力した共同作業の場が欲しかった。

トラック職人・・は・・何がいいかね・・?
大人数に調理をいっせいにしないと
いけない場面だから
一つの料理を大人数分
トラックのハンドルさばきのように
大なべをまわすとか・・・?


まぁ、なんだかんだ言ったけれど
先ほど言ったように
食事をしながらでも
気軽に見るにいい映画だと思います。

大人のレミーのレストラン的な
フランス映画にしては
ドタバタと起承転結がはっきりしていて
面白い映画だと思います。

あと、レストランの話だけれど
出てくる料理に関しては
まったく美味しそうではありません。

なんだよ分子料理ってww
おっそろしいww
窒素のシャンパンとか何だよww

もしかしたら、わざとまずそうな
昭和初期のSF漫画とかに出てきそうな
近未来的(?)な料理を出してきて、
昨今の日々進化に対する
料理とか、サプリメント的なものを
皮肉やら、嫌味やら、注意発起の意味を込めて
作っているのかも知れない。
料理を見る映画ではないので
そこは期待してはいけません。

そういう分子料理が好きな審査員とか
正直、大丈夫かよwとか思うけれど
コレも、流行に流された昨今の時代
そういうのはどうなのよ、と
暗に示唆してんのかな・・・


と、色々深読みすれば
いくらでも出来るな。
あくまでも、後半は私の妄想的な考えなので
本当にどうかは知りません。

ただ、ジャン・レノ好きなら
気軽にファミリー向けとして
見るのが一番だと思います。



7月17日(木)10:59 | トラックバック(0) | コメント(0) | テレビ・映画 | 管理

映画の話

映画の話

映画好きな2人が会話するとこうなる。

  注:凄く偏ってます



*1「ハンニバルに~」

口がなんかモゴモゴしていたので
ん~ってなった時、はっとして

「あれ、この口の形と仕草は、
 ハンニバルに出てきた
 レクター博士にそそのかされて、
 自分の顔の皮を剥いだ大富豪メイスンが、
 執事に飲み物を要求する時の合図に
 似てね?!(ココまで脳内一人会話)」

と、思って、こうか?こんな感じか?!
って遊んでたら、S氏に突っ込まれた。



*2「フェイス・オフ~」

何か別の映画の話をしていて、
トラボルタの説明に必死。



*3「うまづらの、こまった眉」

何故か通じたニコラス・ケイジ



*4「このポーズ」

実際にそのポーズを目の前でやって説明してた。



*5「ヘアスプレー」

お気に入りの映画のひとつ。
トラボルタが「お母さん」役で出ていてて楽しそう。



*6「パラサイト」

日本の映画のパラサイトではない。
ジョシュハートネットが出ている
寄生型の宇宙生物に人間が知らず知らずのうちに
寄生されて侵略されていく・・というB級ホラー映画。



*7「スッポリーダー」

昔、コナミの歴史に「X-MEN」の
横スクロールアクションがあってだね
(カプコンの格ゲーのX-MENより前の話)
その時のX-MENのリーダーサイクロプスの格好が
スッポリと全身タイツ的なスーツであった事から
一部の仲間内の間で、サイクロプスの事を
スッポリーダーと呼んでいた。
参考画像→@ttps://androider.jp/a/20bd707fcec7a9ba/
時は流れて、映画X-MENのサイクロプス役を
ジェームズ・マースデンがやっているのだけれど
サイクロプスやっちゃったもんだから
その後、この人のあだ名が
スッポリーダーになってしまい
(本人は、全身タイツは履いたことが無い(と思う))
ちょっと可哀想なコトに。



*8「スッポリーダーが出てた映画のフィアンセ」

例のあだ名の人が出ていた映画、ディズニーの
「魔法にかけられて」に出ていた人のこと。
ファンタジーの世界から追い出された主人公が
転がり込んだ先の住人にフィアンセがいて、
もっと顔のパーツが強調されてたらソックリだね!
って言う話。



*9「3大ウザキャラ」

身内でウザイと言われる役者が、大体

エディー・マーフィー
ジム・キャリー
ジャック・ブラック

なんだけれども、映画の始まりが
寝坊から始まるあたり「だけ」が、こう、
なんていうかジャック・ブラック
に似ているよね、っていう話。


*10「UFC」

アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ
の略で、総合格闘技のでっかいイベントに出ている
有名らしいアナウンサーやら選手やらが
大量にこの映画に友情出演しているらしい。
トレーナーやら、対戦相手やら、本物の格闘選手らしい。
詳しくないので、らしい、としか言えない。
間違ってたらゴメン。



つい昨日の会話

み:ジェイソンの武器はチェーンソーなイメージだけど
  使ったこと無いんだよ。

S:うんそうだよ。
 「(*⑪)テキサス・チェーンソー」が混じって
  チェーンソーのイメージなんだよね。

み:あー確かに若干似てなくもない。
  てか、なんでそんな映画観てんだよ。

S:お前には敵わない・・・


因みに、女子高生チェーンソーは
全く関係ない映画で
かつ、とてもとてもつまらなかった覚えがありまs



*⑪テキサス・チェーンソー:

「悪魔のいけにえ(1975年)」の
リメイク作品。割と観ていて色々と痛いB級の
スプラッターホラー。

 悪魔のいけにえ (1974)

 悪魔のいけにえ2 (1986)

 悪魔のいけにえ3 レザーフェイス逆襲 (1990)

 悪魔のいけにえ
  レジェンド・オブ・レザーフェイス (1995)

 テキサス・チェーンソー (2003)

 テキサス・チェーンソー ビギニング (2006)

 飛びだす 悪魔のいけにえ
      レザーフェイス一家の逆襲 (2013)

と、結構出ているんだけれども、
ちょっと飛び出すの観てみたい。





この前の会話


S:「*⑫道化師てるぜ!」
  が観てみたい。

み:あーなかなかの駄目な映画だったよ。

S:既に観てんのかよ。いや、もう、
  タイトルからして漂う駄作臭。
  どんだけ駄目か観て見たかった。

み:ピエロの道化師とどうかしてる!を
  掛けてるなんて斬新だよね。
  てか、邦題アホ(語呂合わせ的な)ヤツって
  駄作が多いよね。
  ピエロの殺し方が、ジャグリングに沿って
  頑張ってやってってるよ。

S:うわぁ、どんだけ駄目なのか観てみたい・・・




*⑫「道化師てるぜ!(どうかしてるぜ!)」

子供のいたずらによって殺されたピエロが
数年経って復活し、子供たちに復讐をすると言う
B級以下のホラー映画。観なくても
生きていく上で、まったく必要の無い映画。
タイトルは、見てしまった人へのメッセージなのか?
「え、借りるの?どうかしてるぜ・・」的な・・・




以上の会話の作品「すべて」わかる人は
下方方向(もしくは斜め上?)に
逸脱している人だと思います。



6月9日(月)14:11 | トラックバック(0) | コメント(2) | テレビ・映画 | 管理

映画・・?の話

相変わらずのニコ厨ですいません。
ずっと厨2病わずらっててすみません。


【ジュンジュワー...】Let It Go を【効果音全部俺で歌ってみた。】(3:42)





ティアラが喋るシーン好きww
おい、辞めろ! 辞めろ! あぁん・・

てか、擬音違うしソレww


S氏に大笑いしながら見せたら

「もう・・まともに観れない・・
 思い出しちゃうでしょ!!!!ww」

つて 怒られました。






そして、ラウさんが妹君から教えて貰って
さらにラウさんから教えてもらった動画

【石敢當】「Let It Go」古文訳詞Ver.を詠わんとした【アナと雪の女王】(3:42)




イケボ イケボw
カッコイイw

しかし、ままよ ままよで笑うw
世界には色々な人がいて面白いなぁ。

この方の
【石敢當】恋するフォーチュンクッキー平安歌人Ver.を詠わんとした




も面白かったですw



5月17日(土)13:06 | トラックバック(0) | コメント(0) | テレビ・映画 | 管理

映画の話

映画の話

★ライジング・ドラゴン

ジャッキーチェンが体を張るのは最後と言っている
香港と中国の合作映画。

ジャッキー・・もう60なのか~・・・
作中は、還暦とは思え無い程のアクションで
ジャッキー映画恒例のNGシーンもちゃんと入っていました。

ミッション:インポッシブルを香港版
(かつジャッキー風味)にしたような
ルパァ~ンっぽい感じで、後半
インディージョーンズ(2)な雰囲気の
なんちゃってパイレーツ・オブ・カリビアン的なグーニーズ
って言うか、ドタバタコメディーアクションていうか
アトラクションとしてあったら楽しそうみたいな。
てか、出演者もとても楽しそうにやっていて
大人から子供まで楽しめる映画だと思います。

私的に「酔拳2」は超えてはいませんが
ジャッキーチェンが好きな人ならば
あぁ、ジャッキーの映画だ。と安心して楽しめると思います。

そうかぁ・・ジャッキー体を張るのは最後かぁ・・
60だもんなぁ~おじいちゃんだよねぇ・・・
もっと観たいと思うけれど
老体に鞭打たせるのも可哀想だしなぁ。


■あらすじ
トレジャーハンターのジャッキーが
お宝を巡り、ドタバタするコメディーアクション。


あらすじ、みじかッ!!!!


ソンでもって最後、ジャッキーの奥さん役の人
ジャッキーの奥さん。芸能人だったらしく
ジャッキーと知り合って結婚した後すぐに引退。
今回、ジャッキーの願いでチラッと最後に出演。

あぁ、仲がいいんだなぁ~とか
最後に、引退した奥さんに出演願いとかするなんて
よほどの決心で、本当にアクション引退なんだなぁとか

ちょっと寂しい。






★パラノーマン ブライス・ホローの謎
       (ストップモーションアニメ)

正直、全く期待してみていませんでした。
が、B級ホラー映画ファンなら判る小ネタ的なものが
所々にあって、ブラックなユーモア(?)あったり
色々と心くすぐる映画でした・・・
ってだけでなく、最先端のストップモーションの凄さ!
おぉ、なんて滑らかで綺麗なんだ。
髪の毛とか動かすの、恐ろしく大変だろう・・・?
街の中とか、建物とかも頑張ってるなぁ。

お話の内容も、子供向けってより
大人向けな感じがします。
ラスト、ちょっとホロッとする所があったり。

そして、製作者の中に絶対ホラーゲーム好きがいる気がする。
雰囲気がサイレントヒルっていうか、零って言うか
戦闘シーンがサイレンって言うか。

ゾンビが出てくる映画ってコトで
人を選ぶかも知れませんが
面白かったです。

てか、クレイアニメなんで
ゾンビもなんだか、可愛らしいです。
ギャグも満載なので
ホラー要素は殆どありませんので
お子様や、ホラーニガテな方にも
安心してお勧め出来る作品だと思います。


<あらすじ>

幽霊が見える少年に託された使命。
魔女の呪いを封じないと、死人が生き返り
街がアーーーッ



最後まで知らなかったけど
「コララインとボタンの魔女」作った所だったのね・・
って、え、最近出来た会社だったのか。

ライカっていう会社なんだけれど
設立した同年、ティムバートンのコープス・ブライド手伝って
その後、「コラライン~」を「ライカ」として初めて作った映画らしい。
正直コララインは話の内容は微妙な気がしたけど
動きだの、小物だのは細かく出来ていたきがする。
キガスル。キガスルだけで、実はあんまり覚えて無いので
今度、機会があったら見直そう・・・。



5月12日(月)11:46 | トラックバック(0) | コメント(0) | テレビ・映画 | 管理

映画の話

久々に「ザ・フライ」を観た。

幼少の頃観て、気持ちの悪い映画だなぁ~
って言う印象しかなかったのですが
大人になって観返してみると
グロさだけでなく、
子供の頃には判らなかったけど
痛さみたいなものが、ひしひしと
伝わってきて、当時にしては
結構よくできた映画だったんだなぁ・・
ハエ男が、ハエっぽい動きをしていたとか
ぜんぜん気がつかなかったよ・・・。


なんて、S氏と話しながら、寝る間を惜しんで
スカパーでやっていたのを止められず、
夜中1時40分まで鑑賞してしまいました。

5時間後には、S氏仕事へ行く訳ですが。



遅くまで起きていて
次の日仕事へ行くのですが、
色々と事故ら無いかが心配です・・・。




つーわけで、ザ・フライ2が観たい。

1は、古い映画だけど、さらに古い
「ハエ男の恐怖」のリメイク
2は、1の続きでハエ男の息子が活躍する映画。

観たんだけれど、昔過ぎて
殆ど覚えて無いよ!!!!
息子の話・・って言うのしか覚えてないよ!!
1と違って、ハッピーエンドだったような。
記憶を改ざんしてるかもで、怪しい所だよ!


昔見た映画を見直すと
別の視点から観れることがあって
本当に面白いよなぁ。
何度も映画を観なおすのが好きなのだけど
その度に発見があったりするから面白い。

無駄に細かい所に請ってる監督とか
美術さんとかいるしなぁw

あと、古い映画久々に観て
あら、この役者さん、チョイ役で
こんな所にでてたんだ!!とか

例:魔法使いの弟子の敵役や
  ショコラの村長や
  スパイダーマン2のオクタ博士やった人の
  デビュー作が、インディージョーンズとか。

発見するとうれしい。  





んでもって「アルゴ」観た。

2回目だから、もしかしたら
過去に観たよ~って書いたかもしれない。
けど、覚えがないから書く。

てか、呪怨の人がでとる(笑)とか
書いた覚えがあったりなかったりだけど
実際の映像や写真や人物と
めっちゃ似てる役者さん使ったよねぇ・・
もちろん髪型や、メイクやら色々と
頑張っているのはあるけれど、最後の
スタッフロールにでてくる写真は
めちゃめちゃ似てて、おぉ~って思いました。
映画自体は、実話を基にしたもので
本当にこんな世界があるのかと
心痛めたり、ハラハラしたり、
心底安堵したりとする映画です。

イランの紛争の中、アメリカ大使館が「乗っ取られ
」(おいおいおい、国外扱いやぞ?!)
乗っ取られる直前に逃げ出した職員6人を
どうにかCIAが脱出させるって言う実際の話。
しかも、機密扱いで、功績を残した人の活躍は
暫く世に出ないで、それが1979年の話。
何年も隠されていた事実が公表できる日が来て
ソレが映画化されたものなんだけれども・・
そりゃぁ、力はいるわー・・

アメリカ人ってだけで射殺
同じ国の人間であっても、アドレス帳に
アメリカ人の名前があっただけで
スパイ扱いされて銃殺・・

そういうコトが実際に起こる世界に
日本で生活してる、平和ボケには胸が痛い。



もう1本 なんか
面白かった映画があった気がしたんだけれど
なんだったっけかな・・
「華麗なるギャッツビー」は
プリオの恋愛映画って言うイメージだ
頑張ったね・・プリオ;; みたいな。
最後、真実をずっと言わなかった
○○に(スパイダーマンでなく)
クッソむかついたけれど
まぁ・・・それはおいて置いて。


「オブリビオン」とか「オズはじまりの戦い」とか
「キャリー(リメイク」とか
適度に観てはいます。

映画じゃないけど
海外ドラマ「ハンニバル」が
最初は微妙な空気をかもし出していたけれど
チョットづつ気になってきた。
13話目にして・・・・・・・w
(注:シーズン1、全13話)



映画はいいのう・・・
さて・・何かを垂れ流しながら
作画するか・・・


あ、思い出した。
「謝罪の王様」と「俺はまだ本気出してないだけ」
だ。

「謝罪の王様」は
阿部さだお臭が大丈夫な人はいけると思います。
「舞妓haaaaan!」そんなノリ。
私はダイスキだなw 面白かった。

「俺はまだ本気出してないだけ」
これは・・映画だなぁ~って言う感じが
いたします。そして担当がいい味出してる。
話としては、「謝罪の王様」のが面白かった。



5月7日(水)14:11 | トラックバック(0) | コメント(0) | テレビ・映画 | 管理

映画の話

そうそう、いくつか観ているのですが
例のごとく、くだらない映画過ぎて
一時笑ったら記憶から
去って行くようなモノばかりで
書くのも面倒で書いてませんでしたね・・。



最近はタランティーノ監督のジャンゴ観ました。

すっごい、タランティーノ臭のする映画でした。







正直  面白かったッ






こう
「え、えーー?!」
とか
「なんだってー!!!」
とか
「まじかよ?!」
的な場面のカメラの寄りが
私のツボに・・・・。

ディカプリオも、ノリがいいな~
メイクも、いかにもって言うメイクで
歌舞伎かよ!!とカメラ寄ったときに笑えた。

は、演出ばかりで
内容にまったく触れてなかった。

西部の話・・になるのかな・・?
15Rという事なんですが
人が、最初からパンパン死にます。
なんて言うか、爽快に死にます。

いや、人が死ぬのだから
爽快じゃまずいのだけれど
パンパン死にます。

タランティーノ監督の作品全般
人を選ぶ映画だと思いますが
この作品も、ちょっと臭い表現
古臭い感じを、ネタとして
やっているのを観るのが大丈夫な
ゆる~く観れて、大らかな方なら
オススメ出来ると思います。

結局どんな内容なのか
まったく判らないな・・・


あらすじは

黒人差別が厳しい時代の西部(だと思う)
一人の賞金稼ぎが黒人の奴隷を相棒として
最終的にプリオ達と撃ち合うって言う映画。

歯医者いいよ歯医者
プリオんトコでああ言う展開とは
おもわなんだったけど
歯医者が好きです。

ノリノリで撮影したんだろうなぁ。
プリオが凄い活き活きしてたように見える。
本当に楽しそうに。

昔の王子様的な位置だったプリオは
あまり好きではなかったけれど、
実は日本の食事が大好きで
日本に来てデブって監督に怒られたり、
ジャックニコルソンに憧れていて
今回悪役も出来る彼が、最近は好きになりました。



4月10日(木)13:07 | トラックバック(0) | コメント(2) | テレビ・映画 | 管理


(1/8ページ)
>1< 2 3 4 5 6 7 8 最後 

FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 本のバーゲン | 避難リュック | 放射能測定器 | 家電バーゲン