エルマニア日記
 
主に切り絵と日常とFFとミドリフグとリウマチと映画の話
 


テレビ・映画

映画の話

プリースト


韓国の「マンファ」(漫画を意味する単語)
の「Priest」が原作

バンパイアの表現とか面白かった。
しかし、先入観がありすぎて
心にずっと引っかかったままのコトがあって
正直、心底はたのしめなかtt












何かといいますと
パクリ大国の

全ての物事はウチが起源!

の韓国さんが
「漫画の起源はマンファ!!漫画という言葉は
マンファから取っている!!!」とか
米国、フランスで言い触れ回っているコトでして・・

「マンファ」が韓国で初登場したのは
1909年の韓国の新聞に1コマ漫画(挿絵?)として
初めて登場。

日本の「漫画」は、「気の向くまま漠然と描く画」
と言う言葉が元になっていて、1814年には既に
かの有名な葛飾北斎が北斎漫画つって世に広めている。
「漫画」と言う文字自体は1798年に出版された絵本で
既に使われ居る。

そんなこんなで、いらん知識がジャマをして
映画の最中も楽しめんかった。

ぶっちゃけ、コレじゃいけない。
素直に作品を評価できない。

それはそれ、これはこれ、と
きちんとわけて、評価するのが
日本人と言うものではないだろうか。

かつてのフィギアスケートの審査員みたく。
あれは、リッパだったと思う。







話それた。





ドリアン・グレイ


キター!好きな小説の映画化

そして、主人公イケメン。
イケメンすぎてクラクラするよ。
(私の中の)小説のイメージを
全く崩すことなく、イケメンでした。

その純心無垢なイケメンが、
悪い友人のせいで、どんどん堕落していく様が
観ていてS心をくすぐるかもしれません。

話の内容?イケメンだから何でもいい。






ゾンビ大陸アフリカン

話の内容は・・・・良くある
ゾンビの群れから逃げる話ですが
他の方のレビューの王道の意味が
観て判った気がします。

王道、っていうかゾンビ映画忠実って言うか。

あと、なんか無駄にリアル。

いや、リアルゾンビに遭った事は
ゾンビ居たらこんな感じなんじゃないか・・
って、うそ臭くない感じのゾンビ。

話の内容は新鮮ではないけど
(ゾンビだけに・・ごめんなさい)
表現が新鮮で、いままで観たこと無い感じの
新鮮な死体な感じが、なかなかいけました。

話の内容は、あまり期待しちゃいけない。
ゾンビを愛でるムービーと思って
観てあげて下さい。



6月29日(金)12:46 | トラックバック(0) | コメント(0) | テレビ・映画 | 管理

映画の話

覚えているだろうか
前に記事にあげた
第32回ゴールデンラズベリー賞の話題の作品を・・



おさらい↓


■最低映画賞

「ジャックとジル」

■最低男優賞
アダム・サンドラー「ジャックとジル」

■最低女優賞
アダム・サンドラー「ジャックとジル」

■最低助演男優賞
アル・パチーノ「ジャックとジル」

■最低助演女優賞
デヴィッド・スペード「ジャックとジル」

■最低カップル賞
 アダム・サンドラー*アダム・サンドラー
 アル・パチーノ*ケイティ・ホームズ
 「ジャックとジル」

■最低スクリーン・アンサンブル賞
「ジャックとジル」の全キャスト

■最低監督賞
デニス・デューガン監督「ジャックとジル」

■最低リメイク、続編、前編、パクリ映画賞

「ジャックとジル」

エドワード・D・ウッド・Jr監督
「グレンとグレンダ」のパクリ

■最低脚本賞

「ジャックとジル」

スティーヴ・コーレン、アダム・サンドラー
原案:ベン・ズーク






てなわけで、「ジャックとジル」
拝見させていただきました。


感想。






















あれ?意外に面白い。
あ・・あれ?ww
想像していたのより、全然普通に面白いぞ?
いや、B級はB級なんだけど
小学生、中学生あたりなら
喜んで観れそうな映画だぞ?

この映画の視聴前に
「アイスクイーン」を観たのだが
コッチの方が相当ダメな
ホラー映画だったぞ?

ラズベリー賞の人たちは
レベルが高すぎる!!

もしくは、審査員が
アルパチーノの大ファンで



大御所のアルパチーノ様を
こんなコメディーに出す事事態
腹立たしい!全くもってけしからん!!
こんな映画は最低だ!




って言う事なんだろうか。
もしかしたら、それを逆手にとって





大御所のアルパチーノ様を
こんなコメディーに出す事事態
腹立たしい!全くもってけしからん!!
こんな映画は最低だ!
しかし、アルパチーノ様が出ている映画・・
どうにか注目を浴びて宣伝しないといけない・・
怖いもの観たさの心理を煽って
ココまで最低映画と言っておけば
逆に皆見たくなるのではないか・・!





って言うステマ?ステルスマーケティング?

「グレンとグレンダ」を観ていないので
どこら辺が酷くパクられてるか
判りませんが、
最終絶叫計画とか観ている私としましては
面白ければ、マァイイんじゃない?(´_ゝ`)

逆に、何が元になっているか
興味が沸くから、そちらを観てみよう・・
なんて気になってくる。

「グレンとグレンダ」
機会があったら見ておこう・・・。










どこぞの
泣ける映画ランキング、に
上位ランキングしていた
「ライフ・イズ・ビューティフル」
観ました。



第2次世界大戦頃の時代設定。
陽気で頭もいい、ユダヤ系の主人公が、
イタリアに疎開、そこで運命の人と出会い
子供と一緒に幸せに暮らしていたところ
ドイツ軍に強制収容所へ送られてしまう。

主人公は幼い自分の子供が
怖がらないように、嘘をつき続ける。

「皆でゲームをやっているんだよ。
 泣いたり、ママを恋しがったりしたら
 負けちゃうんだよ。
 勝ったら本物の戦車がもらえるんだ!」






じんわりきました。







が、先にロビン・ウィリアムズの

Jakob the Liar
(聖なる嘘つき)


を観ていたため、時代背景が
おなじ第二次世界大戦、ユダヤ系・・・って被っていて
こちらで号泣していたもんですから
子供の目でじわじわきましたが
号泣、まではいきませんでした。

だからと言って、駄作では全然ないです。
逆にどちらかを観て目頭が熱くなったのであれば
もう片方も間違いなく涙流す事でしょう。




ロビン・ウィリアムズは
泣ける映画に、ようでてるのぉ・・
高校の時に「いまを生きる」を観て
号泣したなぁ・
「レナードの朝」「グッド・ウィル・ハンティング」
「パッチアダムス」「アンドリューNDR114」
他にもコメディーとか多数出ている。

イケメン俳優も好きだけど
ロビン・ウィリアムズやトム・ハンクス
アンソニー・ホプキンスも大好きだ。


長くなった、続く



6月29日(金)12:21 | トラックバック(0) | コメント(0) | テレビ・映画 | 管理

映画の話

他の人にとってはわからないけど
私にとってはアタリ年

面白かった映画に出会えると
ほくほくと、嬉しい気持ちになるなぁ(*´д`*)
出会えてよかった、って思えるコトが
幸せすぎる。
好みがあるから、他の人はどうか知りませんが。



■アドレナリン2

1が面白かったので観たかったもの。
2は、1以上にふざけてたw
1以上にバカで1以上にエロで
1以上にグロぃシーンも(>_<)

基本バカ映画です。
タクシーシリーズが好きな人向け。
タクシー3で敵のお色気ボスとして
出てきたチャイニーズが
コレにはビッチ役で登場。
演技が吹っ切れてます。バカです。

ダイハードが壊れた感じの映画です。
仲間うちと、笑いながら
突っ込みながら見るのに
いい映画なんじゃないでしょうか。



1のあらすじ。
主人公が中国マフィアにヤバイ薬を打たれる。
アドレナリンを出し続けないと
1時間で死ぬ運命。
どうにかアドレナリンを出し続け、
敵を追いつめて行くのだったが・・・


2は、主人公の強靭な肉体狙う組織に
心臓を取り上げられ、人工心臓に。
腎臓、肝臓その他臓器が多数狙われ
チ○コもヤバイ。
人工心臓のバッテリーは1時間
どうにか充電しつつ自分の心臓を取り返すために
奪った人間を探しに行くのだったが・・・




■素敵な金縛り

面白かったです。
お父さん役、草薙ツヨシだったのだけ
微妙な気がしますが
まぁ・・それは好き嫌いだからおいて置いて

三谷幸喜調の映画が好きな人は
観てソンは無いかと。
コメディーです。
なんちゃって逆転裁判みたいな。
トリックとか好きな人も
喜ぶかもしれまい。

っていうか、大泉洋、お前出てたんかい!
エンドロールで発見した・・・って
エンドロールだけの出演か!w


あらすじ

「その日その時間は金縛りにあっていた。」

と証言する依頼人。
3流弁護人が、依頼人の無実を証明するために
金縛りの張本人を引き連れて
裁判に挑むことになったのだが・・・





■Black&White

CIAラブコメ。なんじゃそりゃ。
この映画を観ると、諜報員やFBI
CIAエージェントなどの人とは
とうてい付き合えないなw
本気で思える映画

不法侵入に盗聴、盗撮
衛星を使っての監視・・・・
おっそろしいwwww
プライベートはドコにッw

そこそこ面白かったです。




あらすじ

2人の男が1人の女性に恋をした!


2人は、性格も趣味も全く違うが
大親友。CIAでも腕利きの2人は
最高のコンビネーションで成功を収めていた・・・。

2人は自分こそが本気、と
CIAの技術を駆使して
彼女を徹底リサーチ。
だんだんと2人の関係はギクシャクして・・




■三銃士
 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船

おもろかった。
三銃士の話は、本もアニメも見た事なかったけど
Yオススメの映画だったので観てみた。

パイレーツ・オブ・カリビアンが
海賊なら、こっちは空賊?!
オーランド・ブルームがイイ演技してたなw
美形で真面目なキャラより
こっちのが似合っている気がする。
流石、ロード・オブ・ザ・リングの直前まで
モヒカンだった男(黒歴史か?)

キャラはアラミス(元聖職者?)が
かっこよくて好き。ハァハァ
Yは、じゃっかんアホの子の王様が
カワイイキュン
ってしてたような。

ミラ・ジョヴォシッチが
不二子ちゃん的な位置だったけど
バイハザのイメージが強すぎるせいか
もうちょっと妖艶な女優でも
良かったんじゃないかな(おっぱい的に
多分、触れちゃいけない部分だ。

どのキャラも、アクション良かったです。
冒険活劇みたいなものは、ハラハラドキドキ
ワクワクと盛り上がっていいねぇ。

あからさまに続編へ続く感じで終わってた。
次も観なければなるまい。


あらすじ

都会に憧れて、パリへと上京してきた
無鉄砲な主人公、ダルタニアンが
ひょんなコトから三銃士の仲間入り。
一人前の銃士になれるのか?
陰謀により王妃様の首飾りが盗まれた。
三銃士と共にイギリスへ向かい
無事取り戻すことが出来るのか?!




■デビルクエスト

まぁ、一回観ればいいかなぁw
ファンタジックホラーと、
どこぞかに書いてあったが、
悪魔とか、エクソシストとか好きな人は
観てもいいかもしんまい。

見ていた時は気が付かなかったが
ペスト発病してる枢機卿(すうききょう:高位聖職者)
の役を、サルマン(クリストファー・リー)が
やっていたなんて。超大物じゃないですか。
かといって、もう一度見直しに行こう・・とは
思ってないんですがね。



あらすじ
十字軍に属する、ニコラス・ケイジが
やり方に疑問を抱き、脱走兵となる。
逃げて来た先の村で捕まってしまう。
酷い伝染病が蔓延したその村にいる
魔女疑惑の女性を、裁判のために
搬送する役目を担う事に。
しかし、その旅先で次々と
不可解な出来事が・・・・



6月4日(月)10:47 | トラックバック(0) | コメント(0) | テレビ・映画 | 管理

(まともな)映画の話

映画の話

最近そればっかだなw


■RED

RED=超危険な年金生活者
・・の略だそうですw

元スパイのおじいちゃんお婆ちゃん。
趣味に仕事に恋愛に
それぞれ年金を貰いつつ、老後人生を満喫・・
そんな幸せな生活を送っていた時
どこぞかの組織によって、命を狙われだした!


おじいちゃん、おばあちゃんカッコイイ。
てか、ぶるーちゅうぃるちゅが、
もうお爺ちゃんの役なんだなぁ・・

久々にDVD欲しいなwと思ってしまった映画
アクション・・なのかな・・コメディ・・なのかな・・
ドタバタ、元スパイの映画
・・って言ったほうがいいのかな。

かなり私のツボにはハマリました。

「ミッションインポッシブル」「タクシー」
「アドレナリン」
あたりが好きな人なら、好きそう。
おじいちゃん、おばあちゃん好きならよりいっそう。



■ナニー・マクフィーと空飛ぶ子豚

これも、中々面白いファミリー映画でした。
そして、豚、そんなに空飛ばないし
、ブタがそんなに重要ではありません。

最近あったな・・そんなタイトル詐欺の映画。

「ヒューゴの不思議な発明(タイトルさry)」で
主人公だった子が出てきます。
まるで、絵本の話のような映画。

前作があったらしく
「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」
と言うタイトルらしい。
あたしゃ知らなかったよ。

ちょっとそちらも観てみたい。
というか、そちらを観たら、
色々な疑問が解決するのかも知れない。

なぜ、ナニーがやってきたか、
問題を解決すると、
徐々に姿が変わっていく理由とか
この映画では説明はありませんでした。


今にも経営が危ない農場を
戦地に行った夫のかわりに、
必死に切り盛りする家族。

しかし子供達はヤンチャな年頃で
(下は4・5歳?~小学校高学年あたりの3人)
おかあちゃんは仕事に子育てにいっぱいいっぱい。
そこに都会から疎開してきた、
いとこの子供2人を預かる事になったから、
もう大混乱。

そんな時に、ドコからか現れた
ナニーと言う怪しい人物が扉を叩き、
「子守として派遣されてきたから入れてくれ」
・・と言う。
見るからに怪しいので、
最初は拒んでいたおかあちゃんも
子供達にほとほと手を焼いて、招き入れる事に。

ナニーが部屋に入ると、大喧嘩真っ最中の子供達
ナニーが杖で床をひとつきすると、
途端に不思議なコトが・・・!




とりあえず、どっからか探しだしてきて
前作観たいw




ちょっと前まで、最近アタリの映画が
あんまないな~と思っていたので
(観ている映画がどうとか、はおいておいて)
ここ数本はアタリの楽しい映画が多くて
ホクホク幸せ(*´д`*)



5月19日(土)10:36 | トラックバック(0) | コメント(0) | テレビ・映画 | 管理

【映画の話】まともな部類

なんか、ダメな映画しか観てないように思われるのも
どうかと思うので、まとも(?)な物を。


■ミッション:インポッシブル
 ゴースト・プロトコル

前作は、ジョン・ウー風味が色濃くて
白鳩もそりゃ舞うよって感じで
(全く判らないとか言う人は流して下さい)
かなりアクション要素が強かったのですが
今回は控えめな印象・・・・?
個人的には2が好きだなー
あの、ギリギリ感が堪らない。
そして、トム様がマッチョ過ぎない←重要

かと言って、今回のは駄作か?と言われると
全くそんな事ないです。
今までのシリーズを
観たことない人も楽しめる作品です。

シリーズ観た事ある人は、懐かしい演出に
心躍るかもしれません。

って言うか、ドバイの高層ビルで
スタントマン・CG無しって本当かよー
どんだけ凄い身体能力なんだ。
50近いオッサンと思えない。
何この超人。どこのX-MEN?

安心して人に勧められます。




■シャーロックホームズ・シャドーゲーム

難しいなw
謎解き映画と言うよりは
アクション映画と思った方がいいかもしれない。

とにかく忙しい映画。
飽きさせない・・・と言えば聞こえがいいが
気を許すと理解出来ないまま先へ進む。
面白かったですが、かなり集中して観ないと
最初から最後まで、ぽかーんと
どのへんが謎の部分かすら、考える余裕もなく、
後半トントンと、種明かしを見せ付けられる・・
なんて事にもなりかねない。

うはwと、ニヤっと笑えるシーンも幾つか。
その変装はねぇよww(×3)
と、ツッコミを入れたくなったり
今回の作品でも、犬が実験台に使われてたり。
その実験・・役にたって良かったね・・・・w
感想書いておいてなんだけど、見逃しているコトが多そう。
確認もしたいし、色々と気になるので、
もう1回観たい映画ではある。



■ブラック・スワン

おもろかった。
「腹を抱えて笑う」って意味でなく。

超、精神が不安になる映画です。
女優さんの演技が、悲壮感漂っていて
観ているこっちまで、プレッシャーで気持ち悪くなります。

バレエ、白鳥の湖の主役に抜擢され、
極度のプレッシャーや緊張を
どう乗り切るか、自分の殻を破って
さらなる高みを目指し、たどり着けるのか。
成功(主役抜擢)の裏側にある不安
(表現が旨くしきれない・・
演技不足で代役の人に役を
取られるんじゃないかと言う不安)

不安と恐怖が
よく表現されていると思います。


とにかく主演女優の演技がイイ
表情が凄いイイ。

後から知ったのだが、アカデミー主演女優賞を
貰ったそうだね。うなづけるわー・・・。



■ヒューゴの不思議な発明

とりあえず、
タイトル(邦題)サギである事は間違いない。

不思議な発明を色々して、
ドキドキわくわくの冒険・・
に思えるけど、そんなん無いので注意。

タイトルの先入観を取っ払って観れば
楽しく観られると思います。
映像も綺麗だったし、
子供と見るにはいいかもしれない。

しかし、私が一番ハマった所は
「実際の人物」を基にしていて、
当時流れた「実際の映像(映画)」、
映画の発展の成り立ちと、
それに加担した人物が出ている・・
ってあたり、ちょっとわくわくした。

そこだけでも映画マニアは「おw」って
思うに違いない。



■最凶家族計画

コメディーです。兄弟物の好きなYにも
美味しく頂ける・・・か不明・・だけど
兄の痛々しい性格と
弟のしょっぱなのキスは爆笑しました。

処刑人や、バックドラフトのかっこよさは
1ミリも期待してはいけません。
コメディーです。ドタバタです。

死にそうなオトンへの親孝行する為
孫を見せる計画を推し進める話。
しかし彼らは・・・モテなかった・・・。



■エセ肉食女の恋愛事情

邦画。小池栄子が好きなので
誰とく・・って私得なんですが
彼女がかわいらしいと思いました。
30過ぎの独身女性、バリバリのキャリアウーマン
肉食系のイメージ・・・・
だけど、実はピュアな性格で
恋愛には奥手、いつも気を張って生きている。

イイネ!かわいらしいね!

要潤が出てたけど、髪形のせいか
あんまイケメンに見えなかったのがザンネン。
もちっと髪型変えればイケメンだったのに。



■のだめカンタービレ最終章

邦画。言わずもがな・・・だよなぁw
おもろかった。音楽を愛する人も
そうでない人も楽しく観れると思う。
「のだめ」が生き生きとピアノを弾いている様は
観ていてこっちもワクワクして楽しい気分になれる。

前作を見ていたり、前知識があったりする方が良いです。
ガチで前作の続きなんで。







因みに
【カミングアウト・オブ・ザ・デッド】も観ましたが
ゾンビ映画として、目新しい部分は
ゲイが出てきてドタバタする位で
他のゾンビ映画と、大差ない・・どころか
あんま面白くないのでオススメしません。

ゲイを売りにするんだったら
もっとゲイに関するネタをはさんだり
もっと2人が活躍してくれた方が良かったような。



5月17日(木)10:07 | トラックバック(0) | コメント(0) | テレビ・映画 | 管理

映画の話【ひきこVS口裂け女】

■ひきこVS口裂け女

でた、VSシリーズ。
しかも日本版。

貞子やカヤコに押されて
かげり気味の都市伝説2大妖怪が
ひっそりとバトル。

2大妖怪つっても、ひきこさんは
最近の若手新人妖怪なので
知らない年配の方もいらっしゃるだろうから
全く必要のない「ひきこ」豆知識を


 ☆ひきこさん(2008年映画化)
 
 肉塊になるまで、
 子供を引きずりまわして殺すという、
 残忍な妖怪。

 いじめられてそうなったのか、
 両親の虐待+軟禁で「ひきこもり」なったのか
 名前が「森ひきこ」だからそうなったのか、
 いわれは諸説ある。

 「ひきこもり」が問題化した現代に、
 生まれるべきして
 生まれた妖怪なんじゃないかと思ったり。
 これは自分の主観ですが。
 
 ウィキペディアによると、
 顔が口まで裂けて醜い・・とあるが
 これは口裂け女と混同している部分がありそう。
 口裂け女からしてみれば

「オメェ!キャラ被ってんだよ!」

 と起こるべきして起こった闘争か。

 対処策としては
 相手が虐待によって受けたトラウマを逆手にとって
 「引っ張るぞ!引っ張るぞ!」と叫ぶか
 鏡を見せると退散する(らしい

 なお、いじめられっ子や
 自分と同じ名前の子は襲われないらしいので
 全国のいじめられっ子諸君は胸をなでおろすといい。



口裂け女はメジャーすぎるので
説明は割愛




さて、以下、ネタバレ気味の映画の感想。




















くっそつまんないwww


小学生の高学年あたりまでなら
素直に怖がって観られるかもですが
いい大人が期待してみてはいけません。

姪や甥と一緒に観て、怖がる様を
鑑賞して楽しむといいかも知れません。




途中飛ばして、ラストは

口裂け女にザクザクやられた婦長が
過去の話を語りだす。
虫の息で、普通はそれどころじゃないだろう・・って
突っ込みを入れたくなる位、ペラペラと語りだす。


「私ですら2番なのに、アンタ、
 その顔でずうずうしいのよ!」


婦長さんが院長の愛人1号
口裂け女(その頃はまだ人間)は愛人2号。

自分が愛人だと知った口裂け女は
子供を孕んでいたが、産み落とした後
イカレて人々を殺しまくった・・が
自分達のせいでイカレたと、世間に知られたら
まずい!って事で院長と婦長で拉致監禁した。
・・と言う内容。

主人公とその親友が口裂け女の子供だ、
ざまーみろとばらして死亡。

余計な事を言い残しやがって。

てか、「腹違い」の口裂け女の姉妹だ、
バーカ!的な事を言っていたが
腹違いの姉妹って事は、
片方は口裂け女の子供じゃないんじゃ。

それとも妖怪に生まれ変わった事で、
妊娠の出来事キャンセルされたか、
妖怪だから腹が2つあるのか。
それとも種付けが違う人だと、
腹違いと言うのか。
私、その辺詳しくないので良く判らないが
製作者の誰も突っ込まなかったんだろうか。
頑張れば、同学年に年子を産む事が出来るので
目をつぶるにしても、なかなかお盛んな口裂け女である。

口裂け女の子が、ひきこさんに
殺されそうになったので、カマを降りあげ
ひきこさんの胸を一突き。
ひきこも負けずと
素手で口裂け女のわき腹をつかみ撃退。

昨今の妖怪は、物理攻撃が利くらしい。
血を噴出す2人、共倒れか?!

崩れ落ちる口裂け女、やはり女子にとって
わき腹をむんずと掴まれるのは致命傷らしい。

それに比べて心臓を一突きされても
割と元気なひきこさん。

結局主人公もひきこさんに殺されたであろう・・
というラスト。なかなか笑撃的な映画でした。



5月15日(火)08:57 | トラックバック(0) | コメント(0) | テレビ・映画 | 管理

映画の話

■愛らしい骨 【ジャンル?】


ジャンル難しいな・・・

「私は14歳で殺されました」

って所から始まって、天国へいけない魂が
殺される過程と、その後心残りをやり遂げるまでの・・
ラブストーリーになるのかしら、どうなのかしら。
私はこの映画自体はラブストーリーでも良いと思いますが。

原題は「ラヴリーボーン」なんすけど
直球過ぎると、他の映画評論観てもツッコミが多かった。
「骨」は単語の一つではあるけれど
その単語の一つに
死んでいった娘の骨(去るもの・終焉)
そして新しく芽吹く命の骨(訪れるもの・誕生)
そんな意味をもたせているんじゃないか、と
自分なりに受け止めました。

殺人鬼が出てくる映画では在りますが
どちらかと言ったら映像美を意識して
娘の精神世界を、娘自身が第三者のような目で
淡々と語っていく、静かめな映画。

オチとして、犯人はある意味、罰を被るけれど
もっと犯人を追い込んで、追い詰めて
それ相応の罰を与えて欲しかったなぁ。

・・・と思ったら

どうやら原作の方は、映画と違う流れらしく
追い詰められる様が書かれている様子。
決まった時間内に表現しなくちゃいけなかったから
あえなく切って、タイトルの意味する所を
表現したかったのかしら?


皆でわいわい見る映画では無いので
落ち着いた時間がある時に
読書にふけるようなイメージで観るのが良いかと思います。

何回も観るようなタイプの映画ではないかなぁ。
好きな人はスクリーンセイバーみたいなノリで
垂れ流しとくのは良いかも知れないけど。





■大脳分裂  【注:上級者向け】

すいません。先に謝っておきます。

今まで、エログロホラー色々見てきたので
多少のものなら観れると思ったのですが
作品半ばでリタイア。
つまらなくてリタイアしたのは多々あるけれど
言いえぬ不快感、不安感、恐怖感を感じました。
別に幽霊とか怪物に襲われる・・とか
そう言う映画ではないんすけど、どっちかって言うと
狂った男の妄想(思想)交じりのストーリーから始まる
オムニバスチックな3本立て。
2本目の半ば付近でリタイアしましてん・・・。
因みに2本目は、草原(刈り取った畑?)の上で
数名の男女が裸でゴロゴロして土掘ったら
なんか、こう、多分エロイ意味だと思うんだけれど
血とも思える汚泥がボコボコ、怪しい雰囲気と
怪しい集団、そして怪しい音楽
全てにおいて、強烈な不快感(嫌悪感ではなく)と不安感を覚えて
観るの断念しました。ある意味洗脳映画なんじゃなかろうか。

物凄くコアなFANがつきそうな映画ではある。


「なんだ、このよさがわからんのか!
 まさに神映画だ!」


うーん、マイノリティー。
色々映画観て来たと思ったけれど
なんちゃって映画FANなんぞ寄せ付けぬ
アブノーマルな作品の存在を、知らしめられた気がします。

「隣の家の少女」とは又違った、不安感、
不快感、超不思議感でエクスタシーを感じる
チャレンジャーで、かつ
ツワモノにしかオススメしません。




■タンタンの冒険~ユニコーン号の秘密~ 【アニメ】

あぁ・・ほっとする・・・
「大脳分裂」の後のレビューなので余計ホッとする。

少年少女向け、ファミリー映画。
も、本当安心してオススメ出来ます。
大脳~の後だからってんでなく(順序としてはこちら先に鑑賞)
グーニーズの様な、パイレーツオブカリビアンの様な
ワクワクする冒険の映画。テンポも○
観ていて楽しかったです。


そして犬かわいいよ、犬。

オススメなのに短い紹介だな。






■巨乳ドラゴン 温泉ゾンビVSストリッパー5
 【セクシーゾンビ?映画】


はい!出ましたゾンビシリーズ。
どっから突っ込んで良いのか。
まぁ、例の如く駄目な映画だったんだけれど
主演女優が「蒼井そら」さん(ダジャレ?)という
有名らしい元AV、現セクシー女優が出ているだけあって
オッパイはいい形でした。
そして、いい大根でした。
足(褒め言葉)も演技(褒めてない言葉)も。

多分、求めていたのは「プラネット・テラー」っぽい
ゾンビ映画だったんじゃないかなぁ・・と思うのだけれど
「プラネット(ry」と比べたら300回位
「プラ(ry」に土下座しないと申し訳立たない。

まぁ、「プ(ry」も、観る人を選ぶ作品ではありましたが。

しかし、この作品
1つだけ大爆笑したシーンがありまして、
そこまで我慢して、やっと「無駄じゃない」
何かを得られた気がします。

作品半ば
仲間のストリッパーがゾンビに襲われ
徐々にゾンビ化・・早く私を殺して!
つって、次の瞬間、お決まりのゾンビ化

そのゾンビ化がハンパない。

「ワイルド・オブ・ザ・デッド」も
今までに無いゾンビ映画で、ゾンビ界の定番を覆す話で
かつ、友達と観るには面白い映画・・ではありましたが
今回のゾンビもタダモンじゃねぇゾ!

なんと、ゾンビ化したストリッパー女性が
ブリッジをしつつ


























股間(ま●こ)から

火を噴くのだ















おもくそフイタ。
今まで、股間から火を噴くゾンビなんて
この世界に存在しただろうか?
頭おかしいんじゃないだろうか監督。
いや、面白かった有難う。



が、見所はこの辺とオッパイしかないので
人にはオススメ出来ない。
女優さんが好き、ってなら止めませんが
サービスカットは少なめです。
死ぬほど時間を持て余して
何もする気が無い人が見たら、反面教師的に
「もっとがんばろ・・」と思うかもしれないし、
逆に止めを刺す事になるかもしれない映画ですので、
やはりあんまりオススメしません。
責任が取れません。






やっぱ、時間を無駄にした映画だったな。



5月5日(土)17:22 | トラックバック(0) | コメント(2) | テレビ・映画 | 管理

映画の話

又、観たものを
覚えているものだけちょろちょろと。

記憶にも残らない映画ってあるよね・・・
なんていうか、雰囲気も悪くないし
凄いつまらないわけでもないし
でも、物凄く面白い訳でもなく・・・
人の記憶に留まることなく消えてく。

そう言う作品が多い中で
記憶に残るほどのダメ映画って
逆にすごいよね・・・。


ってな訳で、最近見たもので
覚えている駄作やら名作やらを数本。





サイコハウス【サイコサスペンス】

「エスター」と「揺りかごをゆらす手」を
足して3で割った感じ。
あれ、なんか減ってね?

上記の2作品が判らないって?

人間って怖いねって言う
サイコスリラー(サスペンス?)です。
サイコハウスってタイトルですが
別に「ワナオトコ(家中にワナを仕掛けて
住人を殺害していくスプラッタホラー)」みたいに
仕掛けがあるわけでもなく、別に
家はサイコでもなんでもない。
「悪魔の棲む家」みたいに
霊現象が起るわけでもありません。

1回見ればイイカナ





モンスター上司【コメディー】

Yが借りてたので、釣られて観て見た☆

むかつく上司が本当ムカつくwww
3人のダメな上司をどうにかしないと
もう耐えられない・・!
って言う、3人の男たちが
どうにか上司を始末しようと奮闘する。
結構おもろかった。

こんな上司居たら・・・
本当に殺意覚えそうだなぁ・・
社会人は大変だナァ。





蛍火の杜へ【アニメ】

40分前後って言う、短編だけれど
中高生の女子、および乙男(オトメン)
純愛少女漫画が好きな人向け。

杜(もり)に迷い込んだ女の子と
そこで出会った少年(~青年?)の
儚い恋の物語

ちょっと微笑ましくて
ちょっと暖かくて
ちょっと切なくて
ちょっと苦しくて
儚い恋に涙する映画でした

銀髪の少年がイケメン
こんなん出会ったら惚れるワァ




おまえうまそうだな【アニメ】

幼稚園~小学校低学年、および
ちょっとかわゆいモノが好きな人向け

草食恐竜に育てられた肉食恐竜、ハート。
肉を食べないと生きて行けない。
そんなハートが大人になって
道端でタマゴを見つける。

「おまえうまそうだな」

食べようとするハートに
タマゴから生まれたての赤ちゃん恐竜が

「おとうさん!(>▽<)」

あんぐり口をあけたハート
ハートにしがみつく赤ちゃん恐竜
どうなっちゃうのw

そんな微笑ましい柔らかアニメでした。




サタンクロース【ホラー・・?】

コメディーかコレ・・?

サンタは実はサタンでした。
そんな豪快なサンタが
バッタバッタと街の人をなぎ倒していく。
まさにサンタ無双

って・・アレ? おまえルークやないか!
「ワイルド・オブ・ザ・デッド」の!
相変わらず微妙な映画に微妙に出てるな。
しかも一瞬。

面白いかって言われると・・
サンタが豪快な部分が観ていて面白かったけれど
大半の人は観ないでも、生きていく上で
なんら支障も無い映画です。ええ。

豪快サンタがどうしても観たい!
って人ならアリだと思います。





きみに読む物語【感動ラブストーリー】

多分有名だろうと思うんだけど
今まで観たことありませんでした。

良かったわぁ・・・・

「レナードの朝」「アンドリューNDR114」
「グリーンマイル」等が好きで
号泣した人なら、間違いなく号泣するんジャないかな。

泣けました。


認知症を患う初老の女性に
物語を読み聞かせる初老の男性。
その物語は、とある青年と少女の
ひと夏の愛の物語であった。

一瞬よみがえる記憶に喜び
そして愛の深さに感動し
美しい最後に涙する、そんな映画でした。


是非、初老の仲の良い夫婦に観て貰いたい。
初老じゃなくても良いので観てもらいたい。
純粋に、素直に、受け止めて貰いたい映画ですね。



どうでも良いけど
「X-MEN」「ヘアスプレー」「魔法にかけられて」
等に出てきた俳優さんが出てくるのだけど、
ここでも、そういう役回りなのね;;
なんていうか、
好青年で爽やかなヤサ男・・・・・・・?
主役をはれる日はいつか来るのだろうか。



4月26日(木)21:14 | トラックバック(0) | コメント(19) | テレビ・映画 | 管理

やばい

超観たい

数々のダメな映画観てきたけど
どれだけダメか、バンパイアVSゾンビや
死霊の盆踊りを上回る(下回る?)出来なのか
この目で確かめたくて仕方がない。



■史上初!今年のラジー賞は
 『ジャックとジル』が全10部門制覇!

☆ttp://www.cinematoday.jp/page/N0040817


第32回ゴールデンラズベリー賞には
どんなものがあるかと言うと・・・

最低映画賞

 ジャックとジル

最低男優賞
アダム・サンドラー

最低女優賞
アダム・サンドラー

最低助演男優賞
アル・パチーノ

最低助演女優賞
デヴィッド・スペード

最低カップル賞
 アダム・サンドラーアダム・サンドラー
 アル・パチーノケイティ・ホームズ

最低スクリーン・アンサンブル賞
「ジャックとジル」の全キャスト

最低監督賞
デニス・デューガン監督

最低リメイク、続編、前編、パクリ映画賞
エドワード・D・ウッド・Jr監督
「グレンとグレンダ」のパクリ

最低脚本賞
スティーヴ・コーレン、アダム・サンドラー
原案:ベン・ズーク



っていうか アルパチーノ
なにしてんのwww



4月2日(月)15:05 | トラックバック(0) | コメント(0) | テレビ・映画 | 管理

という訳で

Yと一緒に
ワイルド・オブ・ザ・デッドを鑑賞

そこそこお気に召していただけたようでww

こちらの想像をはるかに超えた
意外なラストで、久々にゾンビ映画で
アタリだったんじゃないかな。

ゾンビ・・?コメディー・・・・?

その後、ニコニコで
ハリウッド版 呪怨2を観て
更には、ハリウッド版、呪怨の
グラッジ3を観始めた最中に
YのPCが突然、回線切断
原因不明で復旧できず。

カヤコ、シカゴから
回線を使ってYの家に遊びにいったのか。

このまま連絡途絶えたら
どうしよう。
来月、ディズニーシーに
YとS子と遊びに行く予定なのに

ディズニーランドなんて
めちゃめちゃ久しぶりで
楽しみにしてるのに!

ってか、駐車場に車置けんのかな・・?
置けたとしても凄く広そうだなぁ・・
ある意味、そこまで行くのがアトラクション
みたいな感じになりそうだなぁ・・
何時ごろに行けば、駐車場あいてるのかねぇ・・
日曜日だから、しこたま人が居そうだけれどw

S子が乗っけてってくれねーかな (´_ゝ`)
無理だろうなぁw
多分、途中高速降りて拾う事になるもんなぁw

車で行くのは初体験過ぎて
ドッキドキです。



3月25日(日)16:55 | トラックバック(0) | コメント(6) | テレビ・映画 | 管理

映画館を覗いてきた

病院が終わり
夕方、待ち合わせ時間まで
時間が合ったもんだから
映画館に行ってきた。

どんな映画がやっているか
見に行っただけで
実際は観てきては居ないんだけど

そこで思いっきり心引かれるアイテムが・・

ドラえもんのポップコーン入れ



しかも、頭の上が開く




キャラメルポップコーンを
入れてもらったんだけれど

なんか エグイwwwww

ダレだよ考えたのwwww


大喜びで ドラえもんの生首を
抱えてショッピングモール徘徊したら
注目を浴びてしまったようだ。

帰りに寄ったスタバで
店員さんに話しかけられたよ。



店:映画見に行ってきたんですか?^^



いいえ、買ってきただけです。
断じて観に行ってません。
大人ですから、
ドラえもんの映画を観に行くとか
子供連れでも無いのに、ありえません。

そんな 恥ずかしい!

そんな風に思った時代もありました。




でも、実際は


ドラえもんの生首を
抱えて歩く方が



何倍も恥ずかしいんじゃないかな



なんて、春風が
そっと教えてくれたけど
ショッピングモールの軽快な音楽に
かき消されて、私の耳には届かなかった。



3月25日(日)14:02 | トラックバック(0) | コメント(4) | テレビ・映画 | 管理

花粉症やばい

お天気がいいと、体の負担は減るのだけど
花粉症がヤバイ。目がヤバイ。
くしゃみは、そんな酷い訳ではないのが
救いかな・・・・

へっくし


■ワイルド・オブ・ザ・デッド


また、オブ・ザ・デッド系かよ!
だがしかし
サウスパークの脚本家のデビュー作ってだけで
観たかったものなんだけれども・・・

実際に観て見たよ。


やべぇww意外に面白かったww
「ゾンビランド」やドリフ的なネタが
美味しく頂ける人なら
こちらも美味しく頂けると思う。

ゾンビ映画だけれど、コメディー色が強い。
ゾンビ映画にコメディーが入っている映画は多いけれど
きちんと出来ている映画は少ないと思うのよね。

オチに関しては、Yも喜ぶようなオチなので
是非とも観ていただきたい。


酒場で2人の男が殴り合いの喧嘩をしただけで
悪徳保安官に牢屋に入れられるんだけど
隣の牢に入っている男の様子が何かおかしい・・
2人の男は脱獄し、逃走する。
途中1人のインディアンの女性に出会い
3人は一緒に行動するようになるのだけど
いつの間にか回りはゾンビだらけ。
砦から脱出を試みる3人だが・・・



あ、なんか面白く書けないや。
観た方が面白い作品です。

片方の男は、クールで常識人だけど
もう片方の男が天然(?)でイイ味出してる。




■ザ・ライト

ハンニバル先生カッコイイです。
凄く悪役です。

スカパーで丁度やっていたので
観たんだけれど、吹き替えだったんだよなぁ・・
吹き替え嫌いじゃないし、寧ろ
作業しながら見れるから好きなんだけれど
この作品に関しては、吹き替えじゃない方が
アンソニーホプキンスの迫真な演技が
素晴らしかったんじゃないかと思われる。



神も悪魔も信じない男が
家柄的に神父の道へ進む事に。
しかし、全ては化学的に説明がつく事と
エクソシストの存在を鼻で笑って
相手にしていなかったのだが
ある日不思議な現象を目の当たりにしてしまう。

それでも拒絶し続ける男
その男を堕落させようとする悪魔の囁き・・
男は自分の道を見出せるのか?




とてもとても教会っぽい作品ではありました。
コレを観る前に、S氏にウンチク垂れた話が
ネタバレに繋がるとは (´_ゝ`)
自分でも思ってみなかった。
じっくり観た時「あぁ、コレが言ってた話か」
と思ってくれればイイカ。



3月19日(月)15:24 | トラックバック(0) | コメント(6) | テレビ・映画 | 管理

補足

ここ半年(ほぼ3ヶ月以内)
位に観たものばかりだけど

書き漏らしが、多々あると思う。

半年以上前のものに関しては
もう記憶すら残っていない。

脳みそのしわに刻まれることなく
消えていった。
それを思うと、記憶に残る
駄作映画って言うのは、逆に凄いよなぁ・・

学生の時に見た死霊の盆踊りとか
タイトル未だに覚えているもんなぁ。

一番上の兄が、クソつまらないという情報を
どっからか仕入れてきて
私と、二番目の兄に借りて来いと命じ、
2人でレンタル屋に行ったのだけれど
そこで店員に

「いいんですか?本当につまらないですよ?
 面白くなくても、ウチの責任ではないですからね?」


と強く念を押されて借りてきた思い出が。



一番上の兄は真っ先に寝落ち
何か進展があったら起せと横になり

二番目の兄は速攻リタイヤ
つまらん、と、自分の部屋へ



1人何かあったら起こすという
重大な任務を背負ってしまった。

「何かあるんじゃないか
 何かどんでん返しがあるんじゃないか」

と信じ疑わず、兄に報告するべく
途中の金粉ショーに頬を染めながら
夜中2時、眠い目を擦りながら
最後まで頑張って

盛大に裏切られた

思えばそれが駄目映画との
最初の出会いだったかも知れない。





ちくしょう
お前のせいか


ありがとう。



3月17日(土)11:27 | トラックバック(0) | コメント(0) | テレビ・映画 | 管理

映画の話・オマケ

折角なので
観たけど日記に書かなかった映画を
つらつら上げてみようと思うよ。

駄目な映画から
超駄目な映画ばかり観てるけど、
超駄目な映画なら、その駄目さ加減を
日記に面白おかしく吊るし上げられるんだけれど
中途半端な駄目さ加減のものは
面白く吊るし上げづらいんだよなぁ。
以下、実は見ていたんだけれど
日記に上がらず消えていった映画達

どんだけ駄目な映画観てるんだ。
い・・いや、面白いのも観てるよ!!
面倒で、日記書かなかっただけで!!
だって、面白い映画は、私が上げなくても
自然にそこらじゅうで話題に上がるやん・・?


■幻界エロス教典・蜘蛛の糸 邦画
→教典カンダタの蜘蛛の糸を
 別目線から撮った、神を否
 仏を恐れぬ映画
 あ、ただのAVか
 途中で挫折

■31km
→31kmで少年を轢いたような気がするんだけど
 としお・・・? あれ??としおじゃね??
 この監督は何となく、日本のホラーの
 演出が好きなんじゃないかと思った。

■リビング・ブラッド
→血まみれ素っ裸の少年が、イケメン
 謎が解明される前はおもろかった。

■怖来(Fu-rai) 邦画
→ダジャレかよ!!
 でも、低予算で頑張ったと思う。
 ソコソコ楽しんだ。途中までは。

■クレーマー  邦画
→人って怖いね
 でも、居るんだろうな
 こういう人間。

■悪霊の棲む館
→え?悪魔の棲む家??
 否、館です。違う作品です。
 ●RECみたいな撮りかた。
 レックのがおもろかった。

■フリージング・アウト
→なんかオチがアウト

■ゾンビ処刑人
→そこそこ面白かったような
 最後までそこそこ観れたような。
 2が出たら、観たい。。

■共食山
→バタリアンみたいな感染の仕方で
 共食い始める。おもんなかった

■ジェニファーズ・ボディー
→上記の作品よりは面白いかも。
 お金かかっテルっぽいし。
 ジェニファーより、主人公の方が好みなんだが。

■アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ
→又、女をレイプして痛めつける類の映画か・・
 と思いきや、女頑張る
 チ●コもげろー (^0^)/
 ココまで出来たら凄いな。
 女性に恨みを買っていると思われる男性は
 お気をつけ遊ばせ

■コントラクト
→吹き替えが上手だったから
 最初面白かったけど、最後の方意味不明

■カタコンベ
→地下迷宮でものっそい迷子
 閉所暗所超コワイ

■パラサイト・バイティング
→食人草 嫌いじゃないけど
 人に薦めるほどでもない

■ザ・ウォード監禁病棟
→なんというシャッターアイランド
 こっちの方が、ホラー色が強くて
 予算は控えめそうです。

■悪魔の植物人間
→人間と植物合体
 コンゴトモヨロシク

■ゴメンナサイ  邦画
→チェーン映画とは珍しい
 良作ではないが、嫌いじゃない。
 ヒロインが棒読みなのが気になる位。

■2ちゃんねるの呪い  邦画
→リングと着信ありが混じったような作品。
 主人公の女の子、美人ではないけれど
 カワイイ感じで好み。

■キックアス
→おもろかった。製作にブラピが関わっている
 流石ブラピ先生
 少女の顔面を殴らせるなんてっぱない。

■処刑人1・2
→おもろカッコよかった。
 でも2は蛇足かもしれない。
 Y好みかもしれない。しらんけど

■グリーンホーネット
→お話が痛快。おもろかった。
 悪を倒す、悪の組織。・・・ん?

■バーレスク
→ミュージカル。良くあるアメリカンドリームな話。
 色っぽいおねーちゃんたちが踊る。
 好き。超DVD欲しい。
 
■バックドラフト
→おもろかった。消防士カッコイイ

■魔法使いの弟子
→主人公がダメダメでよかった。
 おもろかった。

■プレデターズ
→プレデター見たこと無かったけど
 そこそこおもろかった。





超観たい映画

■THE LXD
→映画つっときながら、いきなりドラマかよ。
 ダンス組織が悪とダンスしながら戦うドラマ。
 ちょっと私が好きそうで見てみたい。
 ダンス好きなら、色々なダンスが登場するので
 ダンスを観るだけでも楽しそう。

■ザ・ライト
→ハンニバルが(違)アンソニーホプキンスが好きなんで
 エクソシスト役の彼が観てみたい。
 どっちかって言うと除霊される側の顔だろう
 あっはっはーはっはっはー
 え?本当に除霊されんの?



■ブロークン
■ワイルドオブ・ザ・デッド
■パズラー2
■ラスト・エクソシズム
■ショッカー
■キューブ・ホスピタル
■アメリカン・サイコ
■ビギニング・オブ・ジ・エンド
■ドリル・マーダーズ
■ザ・マッドネス
■ラスト・サーカス
■ドラゴン・タトゥーの女
■ブラックスワン
■TATARI呪いの館
■おまえうまそうだな


あたりも、ちょっとかじっておきたい
観れるかは不明だけれど。



3月17日(土)11:11 | トラックバック(0) | コメント(4) | テレビ・映画 | 管理

映画の話

そんな中でも映画は観てるんですがね。


■THE ROOM(ざ るーむ)

フランス映画って
なんか、ノベル小説みたいな
淡々と話が進んでいく、なんか
独特の雰囲気を持った映画が多くね?
スリラーに関しては・・なのかな・・?
「ぼくのエリ・200歳」も
独特な雰囲気の映画だったが・・・

家の中で事が起こります。


登場人物

父:鳴かず飛ばずの売れない音楽家
  神経質

母:兄の事や娘の事、旦那の事で
  眉間に消えないしわを作ってる
  疲れきった主婦

兄:ダウン症で半身不随
  お世話してくれる妹が好き

妹:タブン主人公
  どっかで子供孕んできちゃって
  家族仲最悪

弟:一番存在感の無い
  真っ先にやられるタイプ



ほぼ、この家族の会話と
過去の回想シーンと
ちょびっとシャイニング



映画が面白い訳じゃないので
誇張したネタバレ↓




オチに向かうまで
本当、別段そんな盛り上がりもなく
淡々とお話が進んでいく

登場人物がコレしか居ないのと
妹がダレの子孕んだか
言うのを頑なに拒んでいる所から
速攻、オチがわかって驚きもなく。

ぶっちゃけると ダウン症の兄が




「みたことないの。シたいんダァ」





つー訳で、1回ヤッちゃうんだけど
それが当たりクジだったから
さぁ大変、孕んじゃったどうしよう

兄はそんな危機感も判らず
味をしめちゃった訳でして
階段上に妹を見つけ


「もーいっかい!もーいっかい!」





「ヤダ!来ないで!」



拒絶した妹の手によって
階段を転げ落ちる兄
そのせいで半身不随に
妹は半身不随になった兄は
自分のせいだと今まで献身的にお世話したけど
父親からの

オ・ロ・セ! オ・ロ・セ!

コールにいたたまれなくなって
家を出る決心に。

最後の晩餐宜しく
家族そろって食事中

弟とその友達が家の中で行方不明。



なんでぇ?



その時から、家の外へ
家族は一歩も出られなくなってしまう。


家族に疲れきった母親は
真実を記した手紙を残し
消えていく

真実とは




「実は弟以外は
 今のお父さんの、本当の子じゃないんだぴょーん」




明かされる真実に愕然とする





ぼく もー自棄(ヤケ)だも~ん
自分の子供が居なくなった苦しみが
オメーらにわかるかー!!
じたじたじた  うわーん

床にころげて地団駄
やけっぱちになった父親が
*シャイニングよろしく襲ってくる。
  *ジャックニコルソン主演の
   超有名スリラー(ホラー?)映画


その父親をあっさり撲殺して
物語は終盤へ





実はこの世界(Room)は
僕の頭の中なんすよ


ハイィ?


兄の告白に戸惑う妹
そら戸惑うわ。

他の家族が居なくなり
兄と妹は二人だけで生きる事に。



兄:おなかすいた ごはん食べたい


身重な体でフラフラと立ち上がる妹
そこで物語は  THE・END









ぼくのエリ のが面白かった。
ホラーとは違うけれど
コメディー?のアメリは好き。
これは・・もう2度と観ないことでしょう・・




ついでに

■ソウ・ザ・ファイナル

 もう、ジグゾーから代替わりしてから
 ゲーム主催者が、ルール無視して
 無関係な人も、ガスガス殺していくのが
 なんだかな・・3Dってコトで
 肉片とかが飛び散るのを
 立体的に観れるのだろうけれど
 流石にそこまでは悪趣味すぎて
 映画館へ行ってまで観たいとは思わないww
 相変わらず、痛い映画だけど
 個人的には1・2・3位までの方が良かった


■ホステル3

 相変わらず、痛い映画。
 だがしかし、1・2に比べると
 若干グロさが減っているように感じる

 1だか2は逃亡劇だったけど
 3は復習劇


■レイプゾンビ

 首切っても腰を振るのを辞めない・・!
 じゃぁドコ切ればいい?!

 チ●コだ!!

 って言う日本のゾンビ映画
 エロとグロを共有したかったのかもしれんが
 ゾンビ映画と言うには安い
 20分で鑑賞リタイア
 10分前後の所だけはちょっと笑った。

「貴方の名前は?」

「のぞみ」

「私は かなえ」

「私は たまえ よ」



もーしーも明日がーはれーなーらばー











S:あんま低レベルな映画観てると
  バカになるよ?(´・ω・`)

み:他のつまらん映画にも
  感心したり、感動したり
  面白く思ったり出来るようになるから
  その方が幸せじゃね?

S:うむむむむむむ







まぁ、すでにバカだからね。



3月12日(月)12:57 | トラックバック(0) | コメント(10) | テレビ・映画 | 管理


(4/8ページ)
最初 1 2 3 >4< 5 6 7 8 最後 

FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 本のバーゲン | 避難リュック | 放射能測定器 | 恋活