エルマニア日記
 
主に切り絵と日常とFFとミドリフグとリウマチと映画の話
 


映画の話

■メアリーと秘密の王国

面白かった。
よくもまぁ、こまごまと色々な所まで
書き込んでいるなぁと、感心してしまいました。
描写が細かい!背景の小物の質感がスゴイ。

それこそ、敵側である気持ち悪い昆虫達までもが
緻密に書き込んであって、昆虫が生理的に嫌いな人は
ちょっと閲覧注意レベル。

だが、その分を味方の兵士たちのカッコイイこと!
ロード・オブ・○・リングのエルフ並にカッコイイ。
スピード感もあり、アクションも多彩で
観ていて中だるみのない映画だった。

ストーリーも子供も楽しめるし、
大人にしか判らないであろう
切ない思いを込めた場面もありーの
親子そろって観れる映画だと思います。
恋愛要素がほのめかされているので
女子・女性の方が好きかも知れない。

ティンカ○ベルやアリエ○ティといった
小さい人スキーで、なおかつ歩く草花
喋る昆虫といった世界観が好きな人に
お勧めできると思います。

私は楽しく観られました。ありがとう。


■ダークシティー

舐めてた。
名前からして、どうせバットマンとか
アメコミのパクリやろ?とか
思ってしまっていてごめんなさい。

見終わった後に
ちょっとネット検索したら

「訳ワカラン説明不足のパケで
損をしている映画」

と書かれていた。
なるほど、隠れた名作。

インセプション的な
こう、なんか街の大改造的な
確かに一言では表せないのと
この映像表現を18年も前に
(作成日数だのを考えると、きっと20年近く前)
作っていたのは本当、頑張ったなぁ~。

全般的に映像は暗いです。
ただのミステリーかと思いきや
超常現象的なアレやコレや。

どっちや!真相はどっちや!からの
どうなんの最後!どうするの主人公!
と言った、なかなか混乱させるストーリーですが
最後には全部まとめて謎が解けるんで
安心してハラハラと真剣に見れるんじゃないかなぁ。
そこそこ面白かったです。



Apr.3(Sun)16:29 | Trackback(0) | Comment(0) | テレビ・映画 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)