エルマニア日記
 
主に切り絵と日常とFFとミドリフグとリウマチと映画の話
 


ホワイトデー前日の話

チョット前にS氏にトリュフ作りを実演したのだけれど
ソレを見て感動したらしく、自分も作る!! と
ホワイトデーのお返し用に
日曜日ちくちくトリュフ作成してみました。

まぁ、ずっと観ているのもヒマだったので
傍らでイモいじってたんですけどね。

チョコに生クリームを入れて
60度の湯銭で溶かし生チョコを作り、
冷まして一口大の小分けにして冷凍庫にいれ
その間コーティング用のチョコを湯銭して
溶けたら冷凍庫から先ほどの生チョコを取り出し
形を整えて湯煎したチョコに投入
チョコをコーティングして
ココアパウダーやシュガーパウダーを
周りにまぶす・・・・が
大雑把な作り方なんだけれど


人の作っている所をみて、
ああ・・大変だったんだな・・

と、思った。


手早く調理しないとならないのだけど
   (チョコが溶けたり、逆に固まりすぎたり
   湯銭の温度が下がったり)

大変苦労して作っているのを観て
やっぱ、作らないと苦労はわからないよね・・
手作りのトリュフは高くてもうなづけるね・・
なんて会話もしたりなんかして・・

S氏があまりにも大変でパニくって
もう他の人には作らない;;
絶対作らない;; と泣き言を言っていた。

そんなに大変だったか・・
大変そうだったけど・・


よく、マンガとかで調理中に粉まみれとか
見かけたコトがあったけど
本当にあるんだねぇ・・・。

しかし、頑張った甲斐があって
見た目もよく、美味しいトリュフが出来てました。

それを個別にラッピング。

おお、売り物みたいだ。
   (写真撮るの忘れた)
いいのう、お返しもらえた人達は。
きっと 喜ぶことでしょう。





しかし、寒いキッチン
(チョコ扱うから暖かく出来ない)に
合計7時間(昼休憩あり)いるとはおもわなんだ。
午前中S氏がパンナコッタ作り(私はイモと戯れ)
午前中はS氏がトリュフ(私はイモとry)

取り合えず作りすぎたイモ製品(スイートポテト)
S氏に持たせてばら撒いて貰う結果に。

そして、そのイモ作りを見ていたS氏が


S:今度は俺がソレ作る!!


ドコまで行くのww
結婚する前はキッチンに立った事が
無かった人が、ここまでスィーツ青年になるとは。

私としては、色々覚えてくれると
何かあった時に安心だからねぇ。



Mar.14(Mon)19:58 | Trackback(0) | Comment(0) | 料理 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)